Marin 好き

千葉ロッテマリーンズ・ファンブログ

ノミの心臓

   6月28日(水) 18:30 那覇

   対西武10回戦(3勝6敗1分)

       ○4ー3

 

【勝】内(3勝0敗4S )

【敗】牧田(1勝2敗0S )

【S】 益田(0勝3敗8S )

 

【継投】

ロッテ  佐々木、松永、有吉、

     藤岡、大谷、内、益田

 

西 武  多和田、武隈、大石、

     シュリッター、増田、牧田

 

本塁打

ロッテ

西 武  秋山15号(7回裏)

 

【ヒーローインタビュー】

三木亮

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

途中までの1安打ピッチングが、まるで嘘のようだ。またもや、フォアボールからの自滅。同じ事の繰り返し(ーー;)ランナー出すと、弱気の虫が騒ぎ出す。

 

田村が佐々木を、「あいつ、ネガティブなんです。チキンな奴なんです。」

 

わかる気もする(^^; 不安から、逃げ腰のフォアボール。いくら『藤岡二世』と言えど、そこまで似なくても(・・;)メンタル強化しないと、厳しいか。

 

伊東監督曰く、「ウチの奴は、ハートの優しい奴ばかりなんだよ。ベンチ蹴飛ばすぐらいしても いいんだけどなぁ。」

 

     同感(〃 ̄ー ̄〃)

 

メンタル貧弱投手陣の石川、藤岡、大谷。さらに、見た目ほど強くない空回りタイプの益田。

 

ランナー出すとフォアボール自滅型、スタンリッチ、チェン、佐々木、二木。

 

逆に、メンタル最強戦士はと言えば、鉄火面の涌井と、飄々とした表情で淡々と投げる唐川クン。

 

入団会見でふてぶてしさをアピールしていた松永と、いつも闘志溢れる投球の内ぐらいか?

 

巨人の大エースだった斎藤雅樹が、その昔…『ノミの心臓』と呼ばれていた事があった。佐々木が化けるのは、果たしていつの日だろうか?

 

性格は変えられないと人は言う。しかし、それは嘘だと思う。自分で自分を、変えようとする強い意思さえあれば、変えられるはずだ。

 

たぶん彼は、自分を信ずる心が足らないのだと思う。 自分で自分を信じられないようでは、他人の信用は絶対に得られないはず。この事に佐々木自らが気付かない限り、彼の浮上を期待する事はできないだろう。

 

  誰か彼に、催眠術でもかけてあげて。

  「できる。できる。絶対勝てる」

 

常勝チームの選手のように、謙遜もせず、天狗なのもどうかだけど、ヘタレすぎても困る。

 

    ホドホドがいい(〃^ー^〃)

 

そう言えば、京大出身の田中ってどうしてるんだろう?やっぱり、頭だけじゃ野球はできないか。 

 

 

 

誰でもできる 最新スポーツメンタルトレーニング (GAKKEN SPORTS BOOKS)

誰でもできる 最新スポーツメンタルトレーニング (GAKKEN SPORTS BOOKS)