Marin 好き

千葉ロッテマリーンズ・ファンブログ

エースの自覚

  7月21日(金) 18:00 ヤフオクドーム

ロ 1 0 0 0 0 0 0 0 0  1
═════════════════════════
ソ 1 0 0 0 1 0 0 0 ×  2 

  ソフトバンク13回戦(2勝11敗0分)


勝║千賀(8勝2敗0S )
敗║涌井(3勝7敗0S )
S║サファテ(1勝1敗30S )

継投
ロ║涌井、益田
ソ║千賀、森、嘉弥真、岩嵜、サファテ

本塁打
ロ║
ソ║

▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧


Twitterロッテファンがまた炎上。つくづく思った。いつからロッテファンは傲慢になったんだろう。

オリックス2連勝したから、後半戦は違う。ソフトバンクに3連勝できるとでも思ったのか?相手は王者ソフトバンクだ。思い上がりも甚だしい。そんなに簡単に変われるはずがないだろう。

涌井を見ていればわかる。相も変わらすのピッチング。確かに得点だけ見れば、好投の涌井を打線が見殺し…のように見える。

しかし、点を取った次の回にあっさり同点にされていること。今シーズンのというよりは、涌井がロッテに移籍してから、ずっと同じ内容。

涌井のピッチングの特徴。今日のように立ち上がり得点されその後、無得点に抑える場合と、初回から5回まで無得点に抑えていて、5回以降に大量失点されるかの2パターンがある。

立ち上がり打たれてその後、抑えてると好投のイメージが強調されるが、よくよく考えてみれば、後を抑えているわけだから、つくづく打たれた得点が勿体ないということになる。

味方打線の不振を知っていながら、あっさり不用意に得点を与えてしまうのは、エースとしての自覚があまりにも無さすぎるのではないか?

私は、友達によく涌井の評価が辛すぎると言われることがある。しかし、私としては特別辛口だとは思わない。

私はただ、勝てない原因を分析しているだけ。だから、涌井が負けるたびに、打線の援護がなかったからと、彼を擁護し続けるファンの方がおかしいと思えてならない。

正確には、打線が打たなかったんじゃない。打ってもらったのに、涌井がその得点を護りきれずに、打たれて負けたというべきだ。

恋は盲目に近いファン心理。それも仕方ないかもしれないが、悪いものは悪い、いいものはいいと冷静な見方しかできない私には、そういう考えは到底できない。

せめて1試合でもいいから完封をしてほしい。もっと1点の重みを噛み締めてもらいたい。

涌井の完封は、西武在籍時代の6年前まで遡らないといけない。完封が無理なのであれば、せめて味方打線が奮起するまで、もらった得点は命がけで護り抜いてもらいたい。

それも無理だというのであれば、二桁は望めない。そうなれば、エースの役目は果たせていない。

エースのいない、大黒柱不在のチームが浮上する事はまず、無理といっていい。

このままでは、FA 時に使い物にならないと皮肉を言った西武ファンの言う通りになってしまう。

それでいいのか?





【送料無料】 立て直す力 RISING STRONG 感情を自覚し、整理し、人生を変える3ステップ / ブレネー・ブラウン 【本】