Marin 好き

千葉ロッテマリーンズ・ファンブログ

確実な歩みを

 8月24日(木) 18:15 ZOZOマリン

楽 0 0 0 0 0 0 0 0 1  1
ロ 0 0 1 0 0 1 0 0 ×  2

   楽天18回戦(6勝12敗0分)


勝║関谷(1勝2敗0S)
敗║安樂(1勝4敗0S)
S║内(4勝1敗10S)


継投
楽║安樂 高梨 久保
ロ║関谷○ 有吉◎ 南◎ 松永◎ 内❌


本塁打
楽║オコエ1号(9回表ソロ)
ロ║荻野3号(3回裏ソロ)

▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧


去年の前半戦、二木と共に活躍した関谷だが、私の中での関谷の評価は低い。二木は、後半戦に後退していったものの、自力で勝利を勝ち取っていた。

だが、それに対して関谷といえば、打線の援護での勝利。しかも、勝ち続けていくと、自分の実力だけで勝っているという傲りのようなものが、彼には見えた。

とかく、若いプロ野球選手が陥りやすい勘違いの罠。野球は一人でやるもんじゃない。そのことがわからないようでは、いずれ勝てなくなるだろう。そう思っていた。案の定、下降して一軍から消えていった。

4安打に抑え、6奪三振。久々のなかなかいいピッチング。それでも、意地の悪い見方をしてしまう辛口ファンの私は、どうしても勝利投手になったことよりも、3四球が気になってしまった。もし無四球なら、次回登板にも期待して喜んでいただろう。

マリーンズの・・・というよりは、ここ数年の日本のプロ野球に感じること。何故、無四球試合がこんなに少ないんだろう?

交流戦でもそれは感じた。
ボール・・・ボール・・・この繰り返し。

今日の勝利を喜んであげたい。けれど、それは次回、これ以上のピッチングをした時に喜んであげたい。

まぐれ等と思われないように⚾





高校球児に伝えたい!プロでも間違うバッテリーの基本[本/雑誌] / 里崎智也/著