Marin 好き

千葉ロッテマリーンズ・ファンブログ

51. 二死満塁2―3

 8月31日(木) 19:00 ZOZOマリン

オ 0 2 4 0 0 2 5 1 0  14
ロ 0 0 1 0 1 1 0 0 1   4

 オリックス22回戦(12勝10敗0分)


勝║山本(1勝0敗0S)
敗║関谷(1勝3敗0S)


継投
オ║山本 ヘルメン 黒木 大山 小林
ロ║関谷❌ 宮崎❌ 田中靖洋


本塁打
オ║
ロ║パラデス8号(3回裏ソロ)
 ║大嶺翔太4号(9回裏ソロ)




関谷、11安打6失点。
宮崎、7安打7失点。
田中靖洋、3安打1失点。
合計21安打14失点。


いかに非力な投手とはいえ、よくも打たれたものだ。宮崎、田中はともかく関谷のこの醜態は・・・


イヤ・・・所詮、関谷も一軍レベルじゃないんだろう。戦力不足のチームだから、一軍にあげられているだけのこと。やはり、昨年からの関谷に対する私の考えは、拭えない。打線に護られなければ何もできない、何もしない。この滅多打ちは、自分の能力を認識する為のいい薬になったかもしれない。


ファームと一軍の行き来。同じ選手が行ったり来たりというのが気になる。普通なら、ファームで万全だと判断された者が昇格されるものだが、ここのチームだけは違う。


厳しい言い方をするが、投手にしろ、野手にしろ、まったく戦力にならない面子が上がってくる。しかも、いつも同じ顔ぶれだ。このことについては、昨年から気になっていたことだ。大嶺翔太が落ちると高濱が上がり、また然りとて調子が良いわけでもないのに、高濱が落ちると翔太が昇格する。


平沢の場合もそうだ。1割のアベレージで、凡打とエラーの山を築く。手痛い致命的なミスをした翌日にファームへ落ち、また2週間ほどすると戻ってきている。


清田も長い間ファームで、やっと上がって来たのだからと期待するが、一向に調子が上がらない。万全で上がってくる、一軍で通用するレベルの選手がいない。同じ選手が、メリーゴーランドのようにグルグル回っている哀しい現実。


それこそ、スマホのカードゲームだ。手持ちのカードに良いものがないと、なかなか勝てない。


伊東監督の気持ちがよくわかる瞬間だ。最低限、マシなカードを出すもやはり、福岡ソフトバンクホークスみたいに、最強カードを持った者には勝てない。


良いカードを手に入れる為には、課金しないとゲットできない。しかし、課金は勿体ないと躊躇する。だから、いつまでも弱いままで、そのうち「ま・・・いっか」と諦めてしまう。この感じが、まさに千葉ロッテマリーンズのプロント。


外国人選手の補強ばかりが言われるが、野球で一番大事なことを忘れている。下克上日本一の後の西村監督が勝てなくなった頃から・・・イヤ、それ以前にオリオンズ時代から、ここの泣き所は投手だったはず。


それを打線にばかり、目がいきすぎて然したる補強もせず、何年もの月日が流れている。


またまた厳しい言い方をすれば、関谷のように、球が速いわけでもなく、制球がいいわけでもなく、球威もない。おまけに、特別な決め球のない平凡過ぎるピッチャーは、80年代なら・・・イヤ、ホークスなら中継ぎか、三軍レベルだ。


ここのチームの選手は、哀しいまでにもノンビリし過ぎている。そんなに呑気に構えてていいのか?


塀内、大松、中後のように、何もしないでノンビリと時を過ごしていると、突然戦力外通告されてしまうというのに。


ただ見ているだけの私が、星飛雄馬の言葉じゃないけれど、「二死満塁2―3(今で言うと3ー2)の切羽詰まった危機感」でいるのに。

戦力外されて、トライアウトに失敗してBC リーグ行き。そうならない為にも、石にかじりついても、頑張るという姿勢を、たった一度でもいいから見せてほしい。頑張ることを諦める野球選手なんて、何の値打ちもないのだから。