Marin 好き

千葉ロッテマリーンズ・ファンブログ

52. 気が優しくて力持ち

 9月1日(金) 18:30 ZOZOマリン

日 0 1 0 0 0 1 1 0 0  3
ロ 2 0 0 0 0 0 2 0 ×  4

  日本ハム19回戦(6勝13敗0分)


勝║酒居(3勝0敗0S)
敗║鍵谷(2勝3敗0S)
S║内(4勝1敗11S)


継投
日║高梨 鍵谷 玉井
ロ║酒居△ 松永○ 大谷◎ 内❌


本塁打
日║
ロ║ペーニャ8号(1回裏2ラン) 9号(7回を裏2ラン)


ヒーローインタビュー
ロ║酒居 ペーニャ




ペーニャ、体の大きさと何となく雰囲気が、『特攻野郎Aチーム』のコングに似ている。しかし、身体以上に心はもっと大きい。『気が優しくて力持ち』という言葉がピッタリ当てはまる。


ホークス時代のペーニャには、バカでっかいホームランを打つ巨漢ぐらいのイメージしかなかった。


でも、『ペーニャン』なんて可愛らしい愛称でホークスファンから愛されてることを考えると、「人柄は、いいんだろうなぁ」と思っていた。


その人柄の良さと優しさを感じることができたのが、バファローズ時代。Pontaカードのポンタによく似た西投手が、大事な試合に打たれて、責任感じて号泣。ベンチに戻ってもまだ、涙が止まらない。そんな彼をカメラが捉えようとする。


そこで、ペーニャ・・・
大きな身体で西クンの身体をスッポリ隠す。「なんて優しくいんだろう」目茶苦茶、感動したのを覚えている。


ペーニャは、ちょっとお茶目。お立ち台にルーキー酒居と上がり、大きな身体でマーくん人形を受け取り、イケメン通訳・田原さんに日本語で教えてもらう。


   「これが1番、欲しかった」


     妙に可愛い(*≧з≦)


ペーニャの隣りにいると、酒居が小柄に見えてしまう。てことは、田村だったら小人?


酒居、無傷の3勝目。本人的には、完投しなきゃいけない使命感で、不満足だったよう・・・


こういう前向きなタイプの選手って、好きですよ。9回の内のピッチングを拝みながら、ベンチで観てた酒居もまた、ペーニャ同様に可愛かった😺


実を言うと、私も拝んでました。最近、内のピッチングは、怖くて普通に観れないのです。「この前みたいに酒居の勝ち星なくしたら」なんて考えると、尚更怖い。


マリーンズといえば、今シーズンは暗雲立ち込めたまんまで、晴天の日なんてなかったけど、酒居の出現は唯一の光明ですよね。不甲斐ない先輩達は、連勝できないというのに3連勝ですもん。


酒居のいいところ・・・
最近の若者っぽくないところですかね。このまま、変にスレないでピッチャーっとしても、人間としても成長していってくれると嬉しいです。