Marin 好き

千葉ロッテマリーンズ・ファンブログ

守りの野球

  9月29(金) 18:15 ZOZOマリン

オ 0 0 0 0 2 2 0 0 0  4
ロ 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0

  オリックス24回戦(13勝11敗0分)


勝║吉田一将(2勝1敗0S)
敗║成田(0勝1敗0S)


継投
オ║吉田一将
ロ║成田❌ 佐々木○


本塁打
オ║T-岡田30号(5回表2ラン)
 ║マレーロ19号(6回表2ラン)

▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧

シーズン終わりに近づいてくると、若手の掘り出し物(#^.^#)が出てくる。で、最近注目なのが大木。


別に大きな活躍してるわけでもないんだけど(〃´▽`)何もしないでゲーム消化してるレギュラーもいるから。無駄に終わってない分、印象に残る。そういえば、大地の1年目もこんな感じ。

   
 「コイツちょっと違う。使えるかも…」
    大地の第一印象(^з^)-☆

f:id:v3azbwm614:20180117001012j:plain

藤岡、益田、中後と、同期がピッチャーばかりだったから、余計に目立ったのかな(^。^;)


若手選手は、結果を残して印象づけないと。特にマリーンズの若手の内野手は、守備に難がありますからね。キッカケ次第では、どうとでもなります。


今年、打線が打てないことばかりをTwitterで、ロッテファンが炎上してましたが、投手陣の『ホームラン配給王』と化したピッチングと、内野手のエラーの方が酷かったように思います。

f:id:v3azbwm614:20180117001337j:plain

奨吾のエラーから始まり、平沢が何度もやらかし、骨折離脱前の三木も。仕上げはいつまでも、守備が上手くならない『第2の鴻野淳基大嶺翔太の致命的ミス。


翔太、平沢を見てると、奨吾がマシに感じてしまうのもスゴイ(((*≧艸≦)ププッ


でも、自分のミスがチームの波に乗れない
キッカケになってしまったと、奨吾がかなり責任を感じてるようです。気にするだけ、奨吾には可愛いげがあります。2ヶ月勝てな
かったエースなんか、自分が悪いなんて、一言も口にしませんから。


大木の活躍次第では、翔太もウカウカしていられませんよね。三塁手って、ホットコー
ナーっていうじゃないですか?ソコソコの守備力なら、見せどこです。


別に、長嶋さんみたいな派手なパフォーマンスじゃなくてもいいです。無難なのでいいんで😁


そういう点では、『幕張のファンタジスタ初芝清さんは、最強でしたね。やらかすこともあれば、ファインプレーでも魅せてくれる。


大木は来シーズン、『第2の大地』になれますかね?興味深い(*^-^)興味深いと言えば、成田翔。ショウではなく、カケルと読ませるあたりが平成生まれな感じです。


ファームにいる時は、酒居よりカケルの方が良さげなイメージだったんだけど、わからないものですよね。でも… 元々力のあるピッ
チャーです。経験さえ積めば、勝てるようになると思います。

来シーズンは、二木、酒居を中心にローテ回していきましょう。若手が頑張れば、石川も唐川クンもノンビリはしていられないはずです。危機感を持つと思考も違ってきます。


井口は元々、攻走守揃った選手でした。その井口が来シーズン、マリーンズの指揮官となるわけです。やはり、投手陣も含めた守りに重きを置くのではないでしょうか。

守り髪 シャンプー

守り髪 シャンプー

「喉から手が出る程、得点が欲しかった」

      「大砲不足」


今年のマリーンズを称すると、そうなるかもしれません。ですが、守りさえしっかりしていれば、ここまで大敗することはなかったはずです。


 「ショートやサードの送球エラー」

    「ピッチャーの失投」


これさえなければ・・・


点が取れなくても、守りがしっかりしていれば、負けないはず。悪くても、引き分け止まりです。現役時代、名捕手で守りの要だった伊東監督も、守りの野球をやりたかったはずです。


この5年間の感想です。「最後まで、伊東勤のlevelに選手がついてこれなかった」だから、この反省点を踏まえて、来シーズンの井口にも、選手たちにも頑張ってもらいたいです。


できれば、オリさんと優勝争いして、つば九郎チームと日本シリーズやりたい。それが私の夢です💕👏