Marin 好き

千葉ロッテマリーンズ・ファンブログ

少し弱い鷹を応援する鴎ファン

 【パリーグCS ファイナルステージ】

10月19日(木) 18:00 ヤフオクドーム

楽 1 0 0 0 0 0 1 0 0  2
ソ 0 0 0 1 0 0 0 0 0  1

   2回戦 楽天(2勝1敗0分)


勝║宗(1勝0敗0S)
敗║千賀(0勝1敗0S)
S║松井裕樹(0勝0敗2S)


継投
楽║辛島❌ 宗○ 高梨○ 福山◎
 ║松井裕樹
ソ║千賀❌ モイネロ◎ 森◎ 岩嵜◎


本塁打
楽║
ソ║内川2号(4回裏ソロ)


********************

やはり東浜、千賀の二枚看板で落とすと痛い。今年のホークスの打線には元気がない。恐らく、それがイーグルスの前半独走の要因だったのではないか。それでも、終わってしまえば、ホークスの勝利という筋書きになっていた。


ふと思う。昨年までは、あんなに目の敵にしていたホークスを私は、何故応援したがるのか。私の心に変化が生じたのは、恐らく…交流戦で連敗街道まっしぐらだったジャイアンツに、投手リレーでノーヒットノーランされたあのゲームあたりからか?打てない苦しみを知っているが故の変化なのかもしれない。


ホークスといえば、協力打線のイメージが強いだろうが、突然と前触れもなく、マリーンズ打線までにガクッと落ちる時がある。毎年、9月の声を聞くと勝てなくなり、10連敗以上することもある。それでも、優勝確定時期だから、何のこともなく済んでいた。しかし、些か7月は早すぎる。ただ、交流戦からのペースの崩し具合は、イーグルスの方が重症だったことが幸いした。


例年にない、普段とは違うホークスを今年は感じた。以前のホークス選手と言えば、昔のPL 学園の選手たちと一緒で、勝つのが当たり前だというようなすました顔と、まったく汚れのないユニフォームのイメージがあった。必死な姿と、思うようにいかないチームに私は弱いのだ。


それに対してイーグルスはと言うと、マリーンズのボロボロ投手陣から、ボコボコ打って「調子が上向き」と勘違いし、その後の試合から負け倒し、気がつけば首位陥落。あれよあれよという間に3位降格である。


私の心が、ある決意をする。たぶん、愛するマリーンズを痛め付けられたことでの逆恨みだろうが、「イーグルス、ライオンズが日本シリーズ進出なら、セリーグを応援し、ホークスなら全力でパリーグを応援する」


私がイーグルスをここまで毛嫌いするのは、やはり監督の采配に対する不満があるからだろう。伊東さんは戦力が薄い中、色々と考えながら戦ってくれた。戦力が貧しい監督が動くのに、動けば結果を出せるはずのチームの監督がまったく動かない。ベンチに強力接着剤でも、塗られていたのかと思うほど、梨田監督のお尻は重い。

セメダイン 超多用途 接着剤 スーパーX クリア P20ml AX-038

セメダイン 超多用途 接着剤 スーパーX クリア P20ml AX-038

独走中から、私には予感があった。「イーグルスは、優勝できない」そして、それが現実となった。強いチームは、「監督が何もしなくても勝てる」と言うが、動かなさすぎで勝てるはずもない。


先発の辛島、千賀の二人が今一つだったが、2番手以降の投手は好投。マリーンズ戦で福山登場だと、私は大喜びする。ただ、何故かマリーンズ戦以外だと、福山はいいピッ
チャーに見える。相性とは不思議なものだ。


デニーに「お前なんかいらないんだよ」と罵られ、ベイスターズを追われた福山が、イーグルスで花を咲かせたのは、喜んであげるべきだろう。



聖域 (初回限定盤 25周年ライブDVD付)

聖域 (初回限定盤 25周年ライブDVD付)