Marin 好き

千葉ロッテマリーンズ・ファンブログ

辰徳の再来、悪夢再び

    【日本シリーズ

10月29日(日) 18:30 ヤフオクドーム

D 0 0 0 0 0 3 0 0 0  3
ソ 1 0 0 0 0 0 3 0 ×  4

 2回戦 ソフトバンク(2勝0敗0分)


勝║石川(1勝0敗0S)
敗║パットン(0勝10S)
S║サファテ(0勝0敗1S)


継投
D║今永❌ 三上❌ 砂田❌ パットン❌
 ║エスコバー◎
 ║
ソ║東浜❌ 嘉弥真◎ 森◎ 石川○
 ║モイネロ◎ サファテ○


本塁打
D║梶谷1号(6回表ソロ) 
 ║宮崎1号(6回表2ラン)
 ║
ソ║


***********************


シーズン中もそうだった。千賀と東浜では、どうしても千賀に比べて東浜の方が、何とかなりそうな気がした。


打てなくても、5回は辛抱すれば何とかなる。
だから、背筋痛を抱えてる千賀よりも、万全な東浜先発の方が気楽だった。


このゲームも、やはり5回はすんなりいった。桑原倒れ1アウトで、梶谷がライトへホームラン。続くロペス、内野安打で出塁。


ここで私が注目したのは、4番・筒香の打席。
ピッチャーは東浜から、私がいいピッチャーだと、いつも関心の嘉弥真がマウンドへ。


①外角スライダーを空振り。
②外角ストレート見送る。
③外角スライダー見送る。
④外角低め、変化球見送ってストライク。
⑤外角低めシュート見送る。
⑥外角スライダーを空振り三振。


筒香はいったい、何を待っていたのか?まったく覇気のない打席。元々、やる気みなぎるタイプではないけれど、気になって仕方がない。ここは一挙に畳み掛けるチャンスじゃないか‼


何故、燃えないんだ😤


淡泊すぎる主砲を見て、かつて私がG 党だった頃の4番・原辰徳を思いだし、イライラがとまらない😠



それにしても、最近のキャッチャーの配球は何だろう?


全球アウトコースって・・・


緩急って知ってる?


嶺井だけじゃないんか?


逃げ腰もいいところじゃないか。
それでも、打てない筒香にも呆れた😒


打たないというか、打てない筒香の代わりに5番・宮崎が、代わったピッチャー森から勝ち越し2ラン。


4番、宮崎の方がいいんとちゃう?


森って、わりと被弾率高い。
向こうっ気強すぎて、空回りするタイプなのか。
ホークスファンには申し訳ないが、何となくマリーンズの益田っぽい。
何気に失点率も高い気も・・・


ただ、宮崎のホームランだけで抑えるところは、益田とは違う😁


今永が初回の1失点で、ホークスを抑えていたのは、やっぱりさすがです。ですが、ラミレスの継投が大失敗でした😕


三上がいきなり、城所に2ベース。代わった砂田が、柳田にタイムリー。この回3人目のパットンも、中村晃にタイムリーを打たれる。


せっかく逆転して、いい流れにしつつあったのに、またホークスに流れを押し戻してしまう。


くどいようだが、やっぱり野球はピッチャーですな(ーー;


昔の佐々木以上のクローザー、サファテが控えてるホークスに対して、終盤に逆転されてしまうと、いかに強力打線のベイスターズと言えど、どうにもならない。


CS のカープをボコボコにしてたベイスターズが、まるで別のチームに見えてしまう。コレもラミレスの甘さ。


「ウチには若さがある」と豪語していたが、逆に言えば若さだけでは脆いということもある。


ラミレスも、監督経験がまだまだ浅いから仕方ないが、少し選手を信用しすぎではないか?


今年のホークスは、それほど強くないとはいえ、その甘さで勝てるとも思えない。


もっと、的確な状況判断をすべきだと私は思う。何だか、ラミレスバッシングばかりになってるが、コレも現役時代好きだった反動かもしれない。





【ふるさと納税】ジューシーで甘い♪『松田農園』のみかん (S-2Lサイズ)たっぷり 約5kg 熊本県玉名郡玉東町『松田農園』ミカン《12月上旬-12月中旬頃より順次出荷》