Marin 好き

千葉ロッテマリーンズ・ファンブログ

『トバッチリ』トリオ

 9月18日(月) 13:00 Koboパーク宮城

ロ 2 0 0 1 0 0 0 0 0  3
楽 0 0 0 0 0 0 0 0 4  4

    楽天20回戦(6勝14敗0分)


勝║則本(13勝6敗0S)
敗║石川(3勝11敗0S)


継投
ロ║石川❌😬 松永△
楽║則本 


本塁打
ロ║
楽║


▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧

16番の押切もえのダンナ、5勝11敗。
12番の髭戦士、3勝11敗。
マリーンズの両エース、惨敗😭

途中まで好投してはくれた。ただ、何度も裏切られ過ぎたせいか、信じてあげることができなくなってしまった。


「どうせ、どこかで捕まるに決まってる」


私が悪いんだろうか?
選りにも選って、9回に自滅とは・・・
こんなことなら、その前に継投してさえいればと、思いが過る。しかし、まさか9回にこうなるとは思わないだろう?

伊東さんに信頼の厚い松永が、1OUT 1・3塁でマウンドに上がる。こんな時はいつも、リリーバーは気の毒だなぁという思いでいっぱいになる。

先発はダメでも、リリーバーに受け渡せば、それでいい。しかし、任された方はたまったもんじゃない。

結局、致命的な『さようならデッドボール』で、石川の勝ち星を台無しにしてしまう。しかし、『トバッチリ』の松永を責める気にはならなかった。

松永の『9回トバッチリ』は、今シーズンまだ、あった。その時も気の毒な展開で、平沢のエラーに足を引っ張られた。

チェン、松永、有吉・・・
今シーズン先発投手の哀れな犠牲者。
しかし、こういう経験は後々、生きてくるはずだ。

私はこういう、地味で地道な選手が大好きなんですよ。





おまとめ買い 掛布団&毛布の出し入れ簡単!*気になる湿気もサヨナラ!人気寝具収納セット 【布団収納 布団ケース 羽毛布団収納 布団袋 押入れ収納 寝具ケース 寝具収納 除湿シート湿気対策 カビ防止】

背番号16の限界

9月16日(土) 14:00 Koboパーク宮城

楽 0 2 0 0 2 0 0 0 1  5
ロ 0 7 0 1 5 0 0 0 ×  13

   楽天19回戦(6勝13敗0分)


勝║西宮(1勝0敗0S)
敗║涌井(5勝11敗0S)


継投
ロ║涌井❌😬 チェン△ 土肥❌😬 南◎
 ║宮崎◎ 田中○
楽║辛島 青山 ハーマン 西宮 小野


本塁打
ロ║ペーニャ13号(5回表2ラン)
 ║平沢1号(9回表ソロ)
楽║アマダー19号(2回裏3ラン)
 ║ウィーラー27号(2回裏3ラン)


▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧


打線が2回表に、2点先取した裏・・・
やる気、あるのか?この16番は。
来期、この人と完全にオサラバしたい気分。

勘違いを起こして、メジャーへ行くとか。もしくは、年俸ダウンを避ける為、他球団に移籍してくれないか?いや、こんなポンコツどこもとらないか?

ジャイアンツの杉内が、ホークスから移籍を決断した時、ホークス幹部に吐き捨てられた。
「お前なんか、どこも獲らないだろ」

勝てない癖に、態度がデカイから始末に終えない。そもそもが、彼はマリーンズカラーではない。

2回裏、2本の3ラン含む7点を奪われる。
5勝11敗、史上最低のエース。
いや、もはやエースとは呼びたくもない。

それでも、一部のマリーンズファンは、この16番を心酔しているもよう。最悪だ😞⤵⤵

16番の球質は哀しいほど軽く、球威もない。その為、ホークス、ライオンズ、ファイターズ、イーグルス(ほとんどじゃん😰)のような強力打線にたいしては、危険度100%だ。


まるでピンポン球か、バドミントンの羽。


その後、チェン、土肥と継投するが、この土肥もいけない。これでは二桁得点になっても致し方ない。

私がプロ野球ファンになってから、これほどまで、酷いエースは始めてだ。戦力の整っている球団であれば、一軍にいられるどころか、即トレードのはず。

成瀬善久涌井秀章松坂大輔
横浜高校ワースト3と、ちまたでは囁かれているとか。情けない😱元マリーンズと、現マリーンズ二人じゃないか。

若い選手ならいざ知らず、涌井クラスになってしまうと、今さらどうもできない。押さえつけようにも、無理な話。

そして、年々制球が悪くなり、スタミナもなくなってきた。勝ち星があがらないのは当たり前か。

年齢からくる衰えがあるとしても、気力で克服することもできる。ところが、今の彼に、それを期待するのは難しい。

勝てない。スタミナがないなら、ハマの番長のように、走り込みをするなり、それなりの対処法を考えても良さそうだが、そんな様子も見受けられない。


  もう・・・お手上げだ✋😵✋


私は昔から、風当たりの強いスポーツ選手を応援したくなる傾向が強い。社会現象ともなった空白の一日で、最大のバッシングをされていた江川卓。これまたドラフトがらみの桑田真澄。そして、相撲界でも憎まれ役の北の湖小錦が好きだった。

だから、居心地の悪そうなライオンズ時代の涌井を特別な思いで見続けていたのだが、何となく裏切られたような気分だ。

「涌井はもう終わった選手」そう言ったライオンズファンの言葉を見返してほしい。そう願い続けた私だが、やはり、認めなくてはならない。

限界を・・・





adidas(アディダス) 野球 軟式 投手用グラブ DMT67 タクティルオレンジ(BS1087) LH

マリンの星

 9月14日(木) 18:00 札幌ドーム

ロ 1 0 1 0 0 0 0 1 3  6
日 1 0 0 0 2 0 1 0 0  4

  日本ハム23回戦(9勝14敗0分)


勝║チェン(2勝4敗0S)
敗║有原(7勝13敗0S)
S║内(5勝1敗13S)


継投
ロ║関谷❌ 南❌ チェン◎ 内◎
日║有原 増井


本塁打
ロ║角中6号(1回表ソロ)
 ║加藤4号(9回表3ラン)


ヒーローインタビュー
ロ║加藤


▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧


初回いきなり、カクのランニングホームランに、ぶったまげた😱あの重たい走りで、ドタドタ・・・
地面陥没してないか(◎-◎;)

前に📺の企画でスワローズと脚力で争う番組があった。ベース1周のタイムを競い合う。

参加したのは、清田、翔太、カク、岡田。第一走者の清田が、なかなかいいスタートを切るも、カクがやらかす。

もともとカクの走塁は、三塁まわるのが下手だとわかっていたのだが、ドタドタ巨体で走り、派手に三塁ベース上で転んだ。


  「お前ないわぁ~😕」岡田の声


結局、アンカー岡田の快走で、マリーンズが辛くも勝利(〃▽〃)


カクは俊足らしいが、あのドタドタした感じで、速そうに見えない。たしか、数年前の公式戦でも、同じようなことをやらかしていた。

バファローズの外野手がもたつく間に、サードまで走り込み、ヘロヘロ。前のランナー・サブローは、👄を✋で押さえて、笑いながらホームインした(((*≧艸≦)ププッ

一見、熱血漢に見えるカク。案外どんくさい😸まあ、何もかも完璧より、カッコ悪い面を持っている方が、人間らしくていいけどね。

もう一人、起死回生のホームランを打った翔平だが、この二人の共通点。父親に野球を幼い頃から、叩き込まれたこと。

翔平・・・
試合に負けて帰った日。素振りをしてからじゃないと、家に入れてもらえなかった。

カクのお父さんは、星一徹ばりにおっかない。さすがの私も、金属バットが、ボコボコに凹んでるのを見たときはビックリした。どんな練習すれば、あんなになるんだ😨まさに、『巨人の星』ならぬ『マリンの星』


関谷がまた、護りきれず・・・
毎度だから、言うのも嫌なんだけど😰まあ、そのおかげで、チェンにタナボタ勝利が転がり込んできた。

チェン、松永、有吉は、気の毒なことに、不甲斐ない先発投手の尻拭いのイメージがある。だから、こういうことでももなければ、可哀想すぎる。

やはり、チェンは先発より、中継ぎの方が向いてるんじゃないだろうか。いや、先発だろうと、中継ぎだろうと好投してくれるだけありがたい(^。^;)

「チェンチェン大丈夫です」久しく聞いてないチェンの口癖。この口癖を聞くと、私が大ファンだった中畑清の「絶好調です」を思い出す。

ファームが長かった清さんは、日米野球高田繁の代わりに出場し、ホームランを打ち、チャンスをつかんだ苦労人。

調子がイマイチだと使ってもらえないからと、悪い時でも「絶好調」といい続けた。何となく、それに似ている。

どんなに悪い時も、チェンは笑顔を絶やさないでいてくれる。これが嬉しい😃💕

ひょっとしたら、彼の笑顔に励まされているチームメイトや、マリーンズファンも多いのではないだろうか?






ONE PIECE ワンピース 14thシーズン マリンフォード編 全14巻 [マーケットプレイス DVDセット]

無気力・無感動・無関心

 9月13日(水) 18:00 札幌ドーム

ロ 2 0 1 1 0 0 0 0 0  4
日 0 0 0 0 0 0 0 0 1  1

  日本ハム22回戦(8勝14敗0分)


勝║佐々木(3勝7敗0S)
敗║上沢(4勝7敗0S)


継投
ロ║佐々木◎
日║上沢 玉井 村田 


本塁打
ロ║ペーニャ12号(3回表ソロ)
日║横尾3号(9回裏ソロ)


ヒーローインタビュー
ロ║佐々木


▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧


久々に佐々木が一軍に戻っての勝利。前日の予告先発を知った後、「負けか」と捨て鉢に呟いた私。


   勝っても、あまり嬉しくない。


打線が上沢をずっと、打てなかったこと。そして、佐々木が前半戦もう少し勝ってくれればと、根に持っているからだろうか(((((((・・;)

ルーキーに期待するのが、そもそもの間違いないなのだが、何度も同じ内容のピッチングを繰り返したことへの恨み。

少し前までなら、最下位脱出を願い、ファイターズとのゲーム差がいくつかと気にしていたが、最近とんと気にしなくなってしまった。

虚しくなるからやめたのかもしれない。2ゲーム差ぐらいになると、先発投壊で4連敗、5連敗で引き離される。また、それと同時に、負けても悔しくなくなってしまった。

悔やまれることは、佐々木がフォアボールで、何度もノックアウトされた前半戦の7ゲーム。江川卓じゃないが、たかが7敗、されど7敗。そして、もうひとつ。ほとんど諦めムードに差し掛かってからの酒居のローテーション入り。



「もう少し早く、酒居が一軍に上がっていれば」


「もし、佐々木が勝ち続けていたら」



まあ、それを言っていたらキリがない。レバタラ禁句だしね。大胆な決断が欲しがった。使えないエース格を落として、若い力を取り入れるとか。不調な球団によくありがちな、一軍と二軍の連携不足ってヤツ😨

ヒーローインタビューを観ていて、気がついた。私の心が動かない。マリーンズファンは「千隼、千隼」と騒ぐ。

しかし私は、どこか冷めきったような、悪く言えばツンとおすましに見える佐々木をどうも、好きになれない。

困ったことに最近、好ましくない選手が増えてしまった。下克上の頃のマリーンズで嫌いだったのは、西岡たった一人だったのに。

淡々としていて、感情を表に出さなくても、どこか謙虚さと前向きな姿勢があれば、たとえ成績が芳しくなかろうが、周囲に非難されようが、応援したくなるのが私の性格。

ところが、これは私の一方的な感覚ではあるが、佐々木や関谷を見ていると、何故か神経が逆撫でされる。

友達に言わせれば、最近の若者とはこんなものだと言うが、私の求めるプロ野球選手のイメージとが、掛け離れてしまっている。

ある時代から、「無気力・無感動・無関心」の3拍子揃った若者が増え始めた。別に、チーム状態好調時のファイターズ選手みたいにバカ騒ぎをしろとは言わない。

ただ、もう少し熱さを感じたい。ただ、熱さといっても、田中将大のように、あからさまにガッツポーズをするとかではなく、観ている側の感情が鼓舞するようなもの。

おとなしい選手でも・・・
例えば酒居のように、内に秘めた熱い闘志というものがある。

それに触れることができた時の感動は、何ものにも変えがたい。勝てば良かろう的な、プロ野球の現状がそうさせるのか、あまりにも寂しい光景だ。

私がプロ野球に夢中になったキッカケは、ジャイアン中畑清。マリーンズにハマったキッカケは、里崎智也。そして、そのプロ野球において、どんな状況でも、真摯な姿勢と一生懸命さに感動させられたのは、鈴木大地

彼らは別に、周りの目を気にして熱いプレーをしていたわけではない。必死に、なりふり構わず頑張っていた結果が、そう見えただけのこと。

今私が求めるものは、落ち着ききったものではなく、その・・・なりふり構わない必死さなのだ。

落ち着きなんて、年を重ねてからでいい。若いのだから、もっと若々しさを見せてほしい。






飯山式メンタルトレーニング~いまどきの子のやる気を引き出す大人の接し方~

甦れ、不死鳥

 9月12日(火) 18:15 ZOZOマリン

オ 0 0 0 2 1 0 1 1 0  5
ロ 2 0 0 0 2 0 1 2 ×  7

 オリックス23回戦(13勝10敗0分)


勝║大谷(3勝2敗0S)
敗║近藤(1勝1敗1S)
S║内(5勝1敗12S)


継投
オ║山本 金田 ヘルメン 近藤 小林
ロ║唐川❌ 大谷❌ 内◎


本塁打
オ║吉田正尚11号(4回表2ラン)
 ║安達3号(8回表ソロ)


ヒーローインタビュー
ロ║荻野

▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧


試合に勝ったのに、何故かボヤキたくなる😁今年は投手陣が全壊。こういうのも珍しい。普通は、チーム内の悪い選手なんて、一人か二人がポツンといる程度なのに、全部が全部というから凄すぎる😱

いかに、伊東さんが大変だったのかを改めて痛感する。

唐川クンも、山本も、フォアボールが得点に結び付いてしまいましたね。本来、球の威力やスピードよりも、コントロールの良さで勝負するのが、唐川クンの持ち味なのですが、残念です。

前半戦、勝ち星にこそならなくとも、好投を見せていたのですが、ここのところはサッパリ、ツキもなくなってしまいました。

彼のピッチングを例えるなら、味付けのされてないステーキ肉とでも言いましょうか。素材はいいのに、何か一味足らない。

球威のなさは、制球の良さで補える。しかし、真正直過ぎれば、スタンドへ叩き込まれる。素直な性格が、球筋にまで表れてしまっている。



マリーンズ投手のお立ち台の受け答えで、性格がよくわかる😄

涌井・・・不器用な性格からだろうが、不調ぶりを棚に上げての横柄な態度と口振り。

石川・・・骨のないクラゲのような、グニャグニャの脱力しきった感じ。

そして、唐川クン・・・
勝っても、それまでの自分の不甲斐なさが拭いきれず、素直に喜べずに苦笑いで、真面目に反省の弁ばかり。

涌井じゃないけど、たまに勝って「どうだ」という態度をとられると、不愉快な気分になってしまうが、謙虚な反省の姿を見せられると、すべてを水に流してあげたくなる。

プロ入り10年。良かったり悪かったりの唐川クンを応援し続ける私。毎シーズン二桁できないでいるのが残念。ここ、10年でたった1度だけしか勝てない事実。

涌井にキレギレになる私が、彼に対してだけは、寛容になる。分かりやすい例にお立ち台をあげた。



唐川クンは、私の子供の頃と同じような気がする。結果として良いことでも、過去の失敗が頭の片隅から拭えず、素直に喜ぶことができない。

感情を決して、表に出さない。(その点は、涌井も同じだけど😅)言葉少ない中に、彼の意志の強さが見え隠れする。しかも、それをあからさまに表に出すことは、決してしない。

自分の不器用な性格に苦しみながら、必死にもがいていた幼き日々。やること成すことが、すべてゴテゴテにまわり、周囲から責め立てられる。

それでも私は、他人から見れば滑稽なほどに、頑張ることを諦めなかった。そんな報われなかった幼少期の姿と重なる。



ハマってる『巨人の星
雄馬に対して、半端ない母性愛を抑えられなくなる時が多々ある😸

ドSのサブキャラ陣に、コテンパンにイジメ抜かれ、ヨレヨレになりながらも、何度も不死鳥のように、立ち上がる。

似たような感覚を唐川クンにも感じる私。今年はダメでも来期こそは、飛雄馬じゃないけど、灰の中から甦る不死鳥となっておくれ🙌




TVシリーズ放送開始50周年記念企画
想い出のアニメライブラリー 第75集
巨人の星 劇場版 Blu-ray

地獄の業火

 9月10日(日) 14:00 ZOZOマリン

ソ 0 0 0 0 0 0 3 0 3  6
ロ 0 0 0 0 0 0 0 2 1  3

  ソフトバンク24回戦(6勝18敗0S)


勝║和田(4勝0敗0S)
敗║二木(5勝9敗0S)
S║サファテ(2勝2敗50S)



継投
ソ║和田 モイネロ 岩嵜 森 サファテ
ロ║二木❌ 田中靖洋◎ 土肥❌


本塁打
ソ║今宮13号(9回表2ラン)
ロ║

▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧


9月10日は、私の誕生日😰まあ、『サンデー二木』だし、和田をいつも打てないしで、予期してましたが・・・
やっぱりねぇ😩って感じです。

メジャーに、長期海外旅行に行っていたロートルピッチャーを何で、毎回打てないのか?

私は、他のマリーンズファンから比べると、打線擁護派なんですけど、それでもう~ん(;><)って感じです。

毎回、同じピッチャーにやられる。ファイターズ加藤、上沢、ライオンズ雄星、ホークス、和田、千賀、バファローズ、山岡・・・

対策とかないんか?データもあるでしょうに。あっ、そうか😌ここはバッティングコーチ不在なんだっけ。

何もしない堀バッティングコーチがこんなこと言ってました。


  「データ見せると、打てなくなるから」


   「選手の自主性に任せてる」


😱😱😱😱😱😱😱😱😱😱😱😱😱😱😱😱😱😱😱


       職場放棄?
 

もう、怒る気にもならない。選手が可哀想。アドバイスしてほしくても、してくれないんだから。

野手陣、自力で頑張ってるんだ😥
文句言えないか。
可哀想過ぎて・・・

二木も、もう少し辛抱できれば、6勝目が転がり込んできたのにねぇ。

「人間、辛抱だ」昔、こんなコマーシャルなかったっけ?

5勝9敗😩変なトコばっかり、涌井の影響受けちゃってる。いい加減、涌井を心酔するのをやめて、もっと向上できる対象者をみつけよう(((((((・・;)

フォアボールが多くなりましたねぇ。気になります。デビュー当初は、あんなにコントロールが良かったのに。


     初心に戻ろう(。^。^。)


ところで、土肥は何で一軍に上がれたんですか?ルーキーだから、仕方がないっていう人がいるけど、プロのユニフォームに袖を通したら、ルーキーもベテランもないのよ。


『そんなの関係ない』by小島よしお(((*≧艸≦)ププッ


シーズン前半戦、私が観戦に行くと、土肥がゲームを壊すのが定番化してた。そして、せっかくのバースデーもやはり、敗戦決定に追い込んでいく😕ほとんど、嫌がらせとしか思えない。

同じルーキーでも酒居、有吉は頑張ってるでしょうが。いつも一軍に上がって来る選手は、こんな感じばっかりなんですよね。何で😮

どうやら、ファームも人材不足のようで・・・

      
       シクシク😢💦


川越さんいるんだっけねぇ。マウンドに声かけに行くと、ピッチャーが打ち込まれる不吉なコーチ😱😱

バッティングコーチも重要ですが、肝心要はピッチングコーチとバッテリーコーチ。

『落合再生工場』なんて言われてた時期もありましたよね。しかし、これも最初だけで、後が続かなかった。

まるで、落合英二の現役時代と一緒。ドラゴンズ時代の落合って、好きじゃなかったんですよね。

オレ流の方の落合は、有言実行だったけど、こっちは口ばっかりで👄

別にOB じゃなくてもいいけど、マリーンズOB はかなり、ヒマしてる(笑)

藪田、小宮山、清水直行・・・
何で、声かけないんだろう?まあ、小宮山はめんどくさそうな感じはするけど(笑)そうやって、モタモタしてるから、ジョニーを他球団に持ってかれちゃったんだよ。

バッテリーコーチ、サトと言いたいトコだけど、谷繁とかってダメなんですかね?

かなり、田村を気に入ってくれてるみたいだし😏監督はダメだったけど、キャッチャーの指導は、超一流ですから。

そう言えば、監督もまだ、決まらないですよね。そりゃそうですよ。誰が好き好んで、わさわざ『地獄の業火』に飛び込みますか?

名前がなかなかあがらないとなると、やっぱり、井口ですか?選手間での人望もありますし、適任だとは思いますが気の毒です。

イケメンが苦しむ姿は、耐え難し😢⤵⤵





【中古レンタルアップ】 DVD アニメ 金田一少年の事件簿 DVDセレクション 全10巻セット

可哀想なマリサポ

 9月9日(土) 14:00 ZOZOマリン

ソ 2 0 0 0 0 0 0 0 0  2
ロ 0 0 0 0 1 0 0 0 0  1

 ソフトバンク23回戦(6勝17敗0分)


勝║千賀(13勝3敗0S)
敗║涌井(5勝10敗0S)
S║サファテ(2勝2敗49S)


継投
ソ║千賀 岩嵜 サファテ
ロ║涌井❌ 大谷◎ 内◎


本塁打
ソ║
ロ║

▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧

今年の体たらく。A級戦犯第1号といえば、間違いなくエースの涌井。続く2号は髭戦士・石川。

何だか、仮面ライダーみたいになってきた。ただ仮面ライダーなら、最終的には勝つけど、こちらは・・・


トウッー🙌って、10勝も出来てないし。この時期、どこのチームもエースは、二桁なのにね。

前回の完封で、波に乗るのかと思えば、初回にいきなり2失点。結局、これが致命傷となる。

相手の先発は、12勝3敗の千賀。5勝9敗のオンボロエースとは違い、ちょっとやそっとでは打ち崩すことのできないピッチャー。

それを思えば、味方打線が得点するまでは、意地でも抑えていなければいけないはず。それをいきなり初回から、タイムリー2本。私のテンション駄々下がり😢

もう、今年はずっとこの繰り返し。あまりの学習能力の無さに、『暴れはっちゃく』の父ちゃん(東野英心)じゃないけど、「情けなくて、涙が出てくらぁ~💧」

前回の完封で、「これがワクさんの本当の力」と喜ぶ健気なマリーンズファンの人達。


    何だか・・・痛い😢


まるで、裏切られ続けた男を信じ、尽くす哀れな昭和初期の女性のよう。


しかし・・・私は優しくない😅
あれだけ負け続けたのだから、1度の完封で、信用するわけにはいかない。

1勝して、大型連敗しての繰返し。2カ月勝てなかった間も、何もしなかった。ただ、「登板日です。投げます」みたいな感じで。

何もしなかったのは、自分の力を過信しているか、限界を感じているのかのどちらかだ。

不思議なもので、勝ち星あげる好調な投手ほど、努力も練習もする。そして、負けが混んでる投手の方が、何もしない・・・


「ヘタクソは練習するしかない」by三浦大輔


二木に「野球は一人ではできない」と言った私だが、その言葉を一番叩きつけたいのは、涌井だ。

良く見れば、エースの風格だろうが、グラウンドに9人いるはずなのに、涌井一人の姿しか、私には見えない。

今シーズン、ずっと涌井が勝てない原因はこれかもしれない。まさに一人相撲だ。

よく言われることは、涌井の時には援護が少ないということ。しかし、それも仕方がない。バッターのタイミング外しの為だろうが、あの長い間合いのピッチングは、守ってる野手のリズムを悪くするだけ。

ピッチャーはお山の大将と言うが、涌井はまさにその典型かもしれない。

昨年、カクが「打たないと16番がうるさいから」とジョークを飛ばしていたが、強ち100%ジョークと言いきれるかどうか。案外、シニカルな本音なのかも(^。^;)

こうやって悪いことばかり、書き込むとただの悪口ブログになってしまいそうなので、あまりやりたくないのだが、私以外のマリーンズファンがあまりにも優しすぎるので、つい衝動にかられてしまう。

あの完封が本来の姿なのであれば、連勝できるはずだし、千賀より先に得点されることもなかったはず。

厳しいことばかり言うが、エースとはそういうもの。悪くても、悪いなりのピッチングをする。その積み重ねから、活路を見いだせることもあるのだ。

もし、このままシーズンを終わるとしたら、涌井からエースの称号を外して頂きたい。

何度裏切られても、健気に涌井を信じる。お人好しで、可哀想な😩私以外のマリーンズファンの為に、声を大にして言いたい。




デビルマン BOX [DVD]