Marin 好き

千葉ロッテマリーンズ・ファンブログ

勘違いの末路

 【パリーグCS ファイナルステージ】

 10月22(日) 13:00 ヤフオクドーム

楽 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0
ソ 3 0 0 3 0 0 0 1 ×  7

  5回戦 ソフトバンク(4勝2敗0分)


勝║武田(1勝0敗0S)
敗║美馬(0勝1敗0S)


継投
楽║美馬❌ 藤平❌ 高梨◎ 釜田❌
敗║武田○ 岩嵜○ 森◎ サファテ◎


本塁打
楽║
ソ║松田1号(4回裏2ラン)


***********************


ホークスが、2年ぶりの日本シリーズに進出です。2連敗した時には、このままイーグルスが行くんか?と思ったけど、やっぱりココが他のチームとは違うんですよね。


勝ち方を知っているとでも言うんですか😌ツボを押さえてるんです。ここで決めなきゃいけない。そういう時に力を発揮できるわけですよ。


その逆のパターンがイーグルス。勝たなきゃならない大事な試合を落とす😩先発ピッチャーがボロボロだったり、バッターが打てなかったり、何でもないボールを取り損ねたり、悪送球したり。


この違いでしょうね。よく、短期決戦につまらないミスをすると、負けるなんて言われてますけど、短期も長丁場も関係ないです。


イーグルスの打線をお調子者打線って言う私ですが、打線だけじゃないんですよね。いい例が美馬です😶いい時と悪い時の差がはっきりしすぎている。


いい時は完全に調子こいて、マウンド上の態度がやたらに横柄だったり。今年もありました。デッドボールの直後に、ニヤッとして、相手を小バカにしたような不愉快な笑顔。


    謝らんのか、コラー😒


ああいうのを見ると、情けなくなるんです。「昔はあんなんじゃなかったのになぁ」って・・・美馬なんて綺麗な名前なのに、全然美しくない(ーー;)


優勝したあたりからですよ。美馬が変わったのは。まぁ・・・それを言ったら、嶋もなんですがね。震災直後のあのメッセージは、好青年だったのに
😢⤵⤵


ココなんですよね。弱いチームが中途半端に強くなると、勘違いする選手が出てくる。だから、私は嫌なんです😧


たまたま勝ってるのと、本当に強いのでは違うんですよ。それを勘違いするから邁進する。傲慢になる😨中途半端な力で、中途半端な気持ちでやってるから、空回りする。


そして、その事に気づかない。気づけない。本当は、指揮官が戒めないといけないんだけど、結局・・・監督もほったらかしだから😰


やっぱり、仙ちゃんが恋しい💕


梨田監督は、勝つ気ないものね。嶋から足立に交代してたけど、アレ・・・細川の方が良くない?栗山っちゃったようですねぇ。若手、若手、若手・・・


もう、若い選手しか頭にない。足立にチャンスを与えた?この大事な試合にですか?やはり、ここは堅実にベテランに頼るところじゃなかったんじゃないですか?


12球団見渡すと、みんなこんな感じですよね。猫も杓子も、若手、若手って。ベテラン頼るのは、ホークスとマリーンズぐらいです。


若い選手は、勢いのある時だけだってことに、何で気づかないんだろう?経験がモノをいうのに。


ホークスが何で強いかわかりますか?若手だけの力じゃないんです。若いのがいて、中堅がいて、イザとなったらベテランが登場。


このバランスが強さの証なんです。映画だってそうでしょう。ジャニーズばかり出てたって、ただのオモチャ箱ひっくり返しただけのアイドル映画になっちゃうでしょ。それと同じなんですよ😏


今後のNPB って、こんな感じでジャニーズ化するんでしょうかね?マリーンズみたいに、層が薄くてどうにもならないケースとは違うのに。いるのに使わないんですよね(・_・;


稼頭央も放出で、そのうち今江も時間の問題ですね。まあ、彼らの場合は仕方ないかもしれないけど。


今江にはいい薬かなぁ(^。^;)
名前変えてる場合じゃないだろ?
結果、出せ😕




WiFi レンタル 7日 プラン「 ソフトバンク WiFi レンタル 無制限 」1日レンタル料 600円 最大速度 下り 165M [サイズ:約117(W)×62(H)×13.9(D)mm WiFi端末:ZTE 303ZT ] WiFi レンタル 国内専用!!

クラッチ監督

 【パリーグCS ファイナルステージ】

10月21日(土) 13:00 ヤフオクドーム

楽 0 0 0 2 1 0 0 0 0  3
ソ 0 1 1 0 0 2 0 0 ×  4

 4回戦 ソフトバンク(3勝2敗0分)


勝║石川(1勝0敗0S)
敗║宗(1勝1敗0S)
S║サファテ(0勝0敗2S)


継投
楽║岸❌ 宗❌ 高梨○ ハーマン◎ 青山◎
ソ║バンデンハーク❌ 嘉弥真◎ 石川◎
 ║モイネロ◎ サファテ○


本塁打
楽║銀次1号(4回表ソロ)
ソ║デスパイネ1号(3回裏ソロ)
 ║内川4号(6回裏ソロ)
 ║中村晃2号(6回裏ソロ)


***********************

投手力の差が出たような気がする。ホークスは、先発バンデンハークの後の嘉弥真、石川、モイネロ、サファテと磐石のリレーで、救援陣が無失点で逃げ切り王手。

それに対し、イーグルスは二番手の宗が誤算。何となく・・・岸登板の日はこんな感じか😰

    
     援護点が少ない


そう言うと、涌井擁護派のロッテファンが、「ワクワクさんの時は援護がない」と喚いているのを思い出す。

そして、そのたび私が喚く。「取ってるだろうが・・・ただ、涌井がその倍、打たれるから負けてるんだっつうの」

ワクワクさんて・・・涌井のピッチング観て、ワクワクなんかしたことないわ。


 ハラハラさん😨  ヒヤヒヤさん😱
 モヤモヤさん😒  イライラさん😠


で・・・たまに勝って、お立ち台でどや顔😏


しかも、取った次の回に、ボコボコ大量得点取られて負けてる。よくも、援護がないなんて言うわ。クオリティスタートできてないのが、メジャー挑戦ですか(・・;)

岸の場合、最小限抑えての失点だから、「仕方がないんじゃないか」「これじゃ可哀想かな😩」と思えるが。

相手投手の兼ね合いとかもありますからね。エースが投げる時は、相手もそうだし。

岸、エースじゃないか😅私の中では、則本より岸なんですよね。まあ、生え抜きじゃないですから。でしゃばれないですよね。

涌井・・・生え抜きじゃないのに、ちゃっかりエースになってた(ーー;)

ところで、ホークス。攻撃型チームのように思われてるけど、守りもしっかりしたチームなんです。やっぱり、三軍制は伊達じゃない。

本当に強いチームって、こうなんですよね。好調時は活発な打線で勝って、得点率下がった時には、投手力で逃げ切る。実に羨ましい限り😌

マリーンズなんか、いつも投手陣の尻拭いを野手陣がさせられて、「打てない、打てない」って責められて(・_・;

これは、もはや私の口癖になってますが、やっばり、野球はピッチャーなんです。

どんないいバッターでも、いいピッチャーにはかなわないわけですから。特にイーグルスのようなお調子者打線は、押さえつけてボコボコにしとかないと、隙あらば畳み掛けてきますので。

まあ、ここも打線先行チーム。打てないと勝てない。ある意味、「先発こけたら皆こけた」😜

打てない時の・・・ピッチャーが打ち込まれた時の・・・最悪の状態を想定した采配を監督はしないといけない。

ところがイーグルスの監督は、ジャイアンツの由伸監督より、何もしない梨田監督。

元名捕手というのは、飾りなのか?シーズン中とは違う。トーナメント制ってこと忘れてるよね?

そうやって考えると、最下位でも私はマリーンズファンで良かった。同じキャッチャー出身でも、伊東さんとは全然違う。

不利な状況にたった時に、その人が無能か有能かがわかる。前半、勝ってたのはまさに🌛だけだった。

だからイーグルスが優勝できなかったのも、交流戦以降とんと勝てなかったのも、何の対策もしなかった監督に責任がある。

勝ってる時の監督なんて、ただのお飾りにすぎない。私には子供はいないけど、ある意味・・・子育てと一緒だと思う。迷った選手たちに、方向を指し示してあげる🚩それが監督の役目。

何となく、後半戦以降のイーグルス。森にさまよい、抜け出せなくなった迷子の子供に見えた。

そばにいる梨田パパは、ただ見てるだけだから、共倒れになってしまった😵💧

マリーンズの選手は、弱くとも、最下位でも、下を向く選手なんて一人もいなかった。

それがどんなにスゴイことがわかるだろうか?これは、強いチームのファンの方には、わかってもらえないことだと思うが。

他のチームの選手を見ていると、少しリードされただけでベンチはお通夜ムード。

ところが、マリーンズのベンチを試合中観察すると、みんな大きな声で声援していた。

結果として力が足らないから、敗戦という結果に終わるのだが、選手たちは最後まで戦うことを諦めることがなかった。

彼らにあの状況の中で闘志をと、伊東監督は私たちファンやマスコミ報道などではわからない部分で必死に戦い続けていた。そして、そのことを選手たちは知っている。

伊東監督就任以来、何度となく雷を落とされた選手たち。その反面、監督の暖かい心も、熱意も誰よりもわかっている。だからこそ、下を向かずに戦えたのだと私は思う。

     
       まさに理想の父👴 


優しいものわかりのいいだけの監督では、選手たちを動かすことはできない。
そう思うと、尚更に伊東さんの偉大さを感じ、益々好きになる。そりゃ、田村も大地も慕うはずだ。

破天荒に現役時代を生きて、キャッチャーの伊東さんに叱られていた工藤くん。実際、何もしない監督のように見えるが、案外・・・選手を掌で転がしてるんじゃないか?

そして私はファンでもないのに、今年までイーグルスの監督が、仙ちゃんだったら・・・そう考えてしまうのである。ここのお調子者カラーの選手にはやっぱり、歯止めをかけるスパルタ式じゃないとダメだ。

ネチネチとぼやくノム爺ちゃん→頑固親父の仙ちゃんと来て、いきなり真逆の梨田監督の甘やかし政権となる。やはり選手にはもの足らなさすぎるだろう。

何となく・・・タイガースの金本監督がスパルタなのに、二軍に行くと掛布監督が「いいよ、いいよ」で甘やかして、選手にやる気が失せてしまったソレに似ているような気がする。

一番いいのはアメとムチ。今風の言い方をすればツンデレか?いつも甘やかされていると感じない。ところが、ガツンとやられた後に誉められると嬉しいものだし、やる気も芽生える。

選手に対しての対応もそうだが、もう少し戦略的に何とかならないものだろうか?短期決戦の醍醐味じゃないか?

それが、もしも出来ない。しないというのであれば、イーグルスとしては別の監督を考えた方が良かろう。

座ってるだけの監督なら、イーグルスのマスコット、クラッチでもいい。




SIMカード(事務手数料)【楽天モバイル】 【送料無料】【SIMフリー】【iPhone・Android対応】【格安スマホ】

メンタル

 【パリーグCS ファイナルステージ】

10月20日(金) 18:00 ヤフオクドーム

楽 1 2 0 0 2 0 0 0 0  5
ソ 2 0 3 0 0 0 0 2 ×  7

 3回戦 ソフトバンク(2勝2敗0分)


勝║岩嵜(1勝0敗0S)
敗║福山(0勝1敗0S)
S║サファテ(0勝0敗1S)


継投
楽║則本❌ 福山❌ 青山◎
ソ║和田❌ 石川◎ 嘉弥真◎ 森◎
 ║岩嵜◎ サファテ◎


本塁打
楽║アマダー2号(5回2ラン)  
ソ║内川3号(3回裏3ラン)
 ║中村1号(8回裏2ラン)


***********************

5回までに5点も奪いながら、事もあろうにエースがそれを護りきれずに、撃沈とは?前回が不甲斐ない投球なら、今回こそはと思わんのか?

これじゃ、涌井じゃないの。
どこのエースもそうなんか?😒

私、パリーグファンなんだけど、イマイチわからないことがある。

    
     ホークスのエース


かなり前なら、摂津。
しかし、今となっては涌井レベル(゜゜;)

で・・・後は和田。
私の中じゃ、メジャーに怪我しに行ってきたイメージしかない男。マリーンズ戦だけ好投してるような感じで、特別いいとは思えない😰

武田もいるけど、内容から言ったらやっばり、千賀かな?ここ、ピッチャー安定してるから、よそのチームだったら、皆エースレベル。

だから、敢えて気にしてなかったのかも。やっぱり、数年前の破壊力抜群の打線が、イメージとして先行してる感じがする😌

でも、もし和田がエースだとしたら、ダメダメなエース対決ってことになる。いくら、二桁勝っても肝心なゲームを台無しにするようでは意味がない。

その点じゃ、大っ嫌いだけど😕ジャイアンツの菅野は偉いんじゃないか?

CS のファイナルのピッチングじゃないでしょ?二人とも。で・・・イーグルスにしたら王手のかかってるゲームでしょ?しかも、相手はホークスですよ。

別に私、イーグルスファンじゃないけど、何かね(ーー;)観てたら則本に腹立って😒💢💢

そんなことしてると、田中がメジャーから戻ってきたら、エースの座を奪われるよ。

和田も、則本も、能見も、涌井も、宛にするとダメなのね。なんだろ、コレ👈ホークス2連敗でしょ?勝てば、かなりのダメージだったはず。

私がファンでもないのに、しかもイーグルスには、日本シリーズ進出してほしくないのに、何故怒るかわかりますか?

今年、何度となくこういうアホみたいな試合を観てるからですよ。

マリーンズの試合。
打てない打線が、必死な思いで先制。
ところが、エース涌井&石川があっさり逆転。

      THE END

  「キカイダーの必殺技か😨」

  「あれは・・・デンジエンド」


まさに、奧さん(打線)が、パートで働いたお金をギャンブルで使い果たすダメ亭主(投手)😱


   「いくら稼いでもキリがない」


打った次の回に打たれる。
逆転したら打たれる。

もうお話になりません。

元々、イーグルスはお調子者的要素の強いチームなんですよね。調子がいいときはホイホイ。わっしょい└(゚∀゚└) (┘゚∀゚)┘わっしょいお祭り騒ぎ。ただ、相手に追い詰められると、根気がなくなる。監督がそもそも、淡白だから😰

確かに則本にしても、辛島にしてもいいピッチャーだけど、何だか今一つなんですよね。

マウンド上の気迫が無さすぎるといいますか。だから、相手すれば好投してても何とかなりそうな気になる。

マリーンズのピッチャーと同じですよ。田中将大みたいに、吠えろとは言いませんが、最低限の戦う姿勢を見せてもらわないと。

お遊びの草野球じゃないんです。一般人の私たちには想像もつかない年俸貰ってるプロ野球選手なんですから。

則本が何故、ここぞという時に負けるのか?それは恐らく、彼のネガティブな性格に問題があります。

自分を過大評価して、調子に乗るのが最近の若いプロ野球選手です。それに対し、則本はコメントを聞く限りかなりの完璧主義のようです。

自己反省や戒めもいいのですが、彼の場合、ただのネガティブな思考に過ぎないという結果に終わってしまっている。

完璧になんて、できるわけがないじゃないか。いい例が、桑田真澄です。頭だけで考えたことが思うように、そうそうできるわけがない。

結局、マイナス面しか残らない。そして、その事に当の本人はまったく、気がつかない。望んだ結果と逆の結果になるという負の三拍子ですよ。

もう少し、自分を信じたらどうだろう?あの中畑清の「絶好調です」も、マリーンズのチェン・グァンユウの「チェンチェン大丈夫です」も、いつも好調時に言っていたわけじゃない。

むしろ、迷ってる時期にこそ言っていたように思う。そう言って、自分を奮い立たせる手段。

思いや、言霊。信じる心は、計り知れないパワーになる。そのことに気がつかない限り、いつまでも勝負弱いピッチャーのままだ。

どうする則本😌


やはり、ホークスがタイにした。何だかセもパも似たような展開ですね。






【中古】単行本(実用) ≪スポーツ≫ 野球メンタル強化メソッド / 若山裕晃【中古】afb

長距離ランナー

 【セリーグCS ファイナルステージ】

10月20(金) 18:00 マツダスタジアム

D 0 1 0 0 0 0 0 0 0  1
広 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0

   3回戦 DeNA (2勝2敗0分)


勝║井納(1勝0敗0S)
敗║ジョンソン(0勝1敗0S)
S║山崎(0勝0敗1S)


継投
D║井納○ 三上◎ 砂田○ 須田◎ 
 ║エスコパー○ パットン◎ 山崎◎
広║ジョンソン❌ 今村◎ 一岡◎
 ║ジャクソン◎ 中崎◎


本塁打
D║
広║


***********************

セリーグファン時代、パリーグのDHを批判していた。桑田真澄じゃないが、野球は投げて、打って、守って、走って、すべてこなすべきである的な考えがあって・・・

ところがどうだろう?😅パリーグファンになったら、セリーグのピッチャーの打席がウザったく見え出した。


セリーグもDH に、すりゃいいのに」


しかし、こんなこともある。結局、両軍合わせて取った得点は、ベイスターズ先発ピッチャー、井納のタイムリーの1点だけ。

この虎の子の1点を後続のピッチャーが守り抜いて勝った。ベイスターズは7人。カープは、先発ジョンソンがピッチャーにタイムリーを許したとはいえ、その後4人のピッチャーが好投。

12人ものピッチャーの好投の投手戦は、なかなか見応えがあった。ただ、少々気がかりだったのは、カープに元気がないことだ。

ベイスターズの選手が張り切りすぎてるから、そう見えるのかどうかはわからないが、カチコチである。とても、シーズン独走で勝ち進んできたチームには見えない。

悪い流れを絶ちきるラッキーボーイ😆💕なり、お祭り男なりが出現でもしない限り、変な雲行きである😰

私が見る限りでは、シーズン後半からカープの選手に疲れが見えていたような気がする。

パリーグイーグルスではないが、やはり長丁場を戦うには、ペース配分を考えないとこうなってしまうのだろう。

イーグルスカープも、たぶん・・・初めから、全力疾走でマラソン大会に出場していたようなものだった。

追われるより、追う方が楽とはよく言ったものだ。先を走る者には目標がなくなっている。寧ろ、後からヒタヒタ迫られる圧迫感に辛抱できなくなってくる。

それに引き換え、追う者は前を見るしかない。余計なことも考えずに前だけを・・・

2010年の【史上最大の下克上】の功労者。千葉ロッテマリーンズの名捕手、里崎智也はこう言った。


  「失う物は何もない・・・」


それだけ、思う存分暴れられる。相手は優勝チーム、自分たちは3位。負けて当たり前😌

カープは、ベイスターズに「タイにされてしまった」と思うか?「まだタイじゃないか」と思うか?思考次第で、局面を変えることができるはず。

負けず嫌いな私なら、絶対に後者だ。




痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る脱力フルマラソンメソッド【電子書籍】[ 鮎川良 ]

少しだけ弱い鷹を応援する鴎ファン

 【パリーグCS ファイナルステージ】

10月19日(木) 18:00 ヤフオクドーム

楽 1 0 0 0 0 0 1 0 0  2
ソ 0 0 0 1 0 0 0 0 0  1

   2回戦 楽天(2勝1敗0分)


勝║宗(1勝0敗0S)
敗║千賀(0勝1敗0S)
S║松井裕樹(0勝0敗2S)


継投
楽║辛島❌ 宗○ 高梨○ 福山◎
 ║松井裕樹
ソ║千賀❌ モイネロ◎ 森◎ 岩嵜◎


本塁打
楽║
ソ║内川2号(4回裏ソロ)


**********************

やはり東浜、千賀の二枚看板で落とすと痛い😢🌊
今年のホークスの打線には元気がない。恐らく、それがイーグルスの前半独走の要因だったのではないか。それでも、終わってしまえば、ホークスの勝利という筋書きになっていた。

ふと思う。昨年までは、あんなに目の敵にしていたホークスを私は、何故応援したがるのか😶

私の心に変化が生じたのは、恐らく・・・交流戦で連敗街道まっしぐらだったジャイアンツに、投手リレーでノーヒットノーランされたあのゲームあたりからか?打てない苦しみを知っているが故の変化なのかもしれない。

ホークスといえば、協力打線のイメージが強いだろうが、突然と前触れもなく、マリーンズ打線までにガクッと落ちる🙍💨⤵時がある。

毎年、9月の声を聞くと勝てなくなり、10連敗以上することもある。それでも、優勝確定時期だから、何のこともなく済んでいた。

しかし、些か7月は早すぎる。ただ、交流戦からのペースの崩し具合は、イーグルスの方が重症だったことが幸いした。

例年にない、普段とは違うホークスを今年は感じられた。以前のホークス選手と言えば、昔のPL 学園の選手たちと一緒で、勝つのが当たり前だというような、すました顔と、まったく汚れのないユニフォームのイメージがあった。

必死な姿と、思うようにいかないチームに私は弱いのだ。それに対してイーグルスはと言うと、マリーンズのボロボロ投手陣から、ボコボコ打って「調子が上向き」と勘違いし、その後の試合から負け倒し、気がつけば首位陥落。あれよあれよという間に3位降格である。

私の心が、ある決意をする。たぶん、愛するマリーンズを痛め付けられたことでの逆恨みだろうが、「イーグルス、ライオンズが日本シリーズ進出なら、セリーグを応援し、ホークスなら全力でパリーグを応援する」

私がイーグルスをここまで毛嫌いするのは、やはり監督の采配に対する不満があるからだろう。

伊東さんは戦力が薄い中、色々と考えながら戦ってくれた。戦力が貧しい監督が動くのに、動けば結果を出せるはずのチームの監督がまったく動かない。

ベンチに強力接着剤でも、塗られていたのかと思うほど、梨田監督のお尻は重かった。

独走中の時から、私には予感があった。「イーグルスがこのまま優勝することはない」そして、その通りになった。

強いチームは、「監督が何もしなくても勝てる」と言うが、動かなさすぎで勝てるはずもない。

しかし、この試合・・・
先発の辛島、千賀の二人が今一つだった。二番手以降の投手が好投していただけに残念だった。

マリーンズ戦で福山登場だと、私は大喜びする。ただ、何故かマリーンズ以外だと福山はいいピッチャーに見える。相性とは不思議なものだ。

デニーに「お前なんかいらないんだよ」と罵られ、ベイスターズを追われた福山が、イーグルスで花を咲かせたのは、喜んであげるべきだろう。




レベル低下

 【セリーグCS ファイナルステージ】
10月19日(木) 18:00 マツダスタジアム

D 0 0 2 0 2 1 0 0 1  6
広 0 0 0 1 0 1 0 0 0  2

   2回戦 DeNA (1勝2敗0S)


勝║濱口(1勝0敗0S)
敗║野村(0勝1敗0S)


継投
D║濱口❌ パットン○ 山崎◎
広║野村❌ 九里❌ 今村◎ 中田❌
 ║ブレイシア❌


本塁打
D║宮崎1号(9回表ソロ)
広║


**********************


ここ数年、セリーグ独走の広島東洋カープ。ところが、パリーグ福岡ソフトバンクホークスに比べて、私にはそれほど強いイメージがない。

それはきっと、短期決戦に弱いからなのではないか。昨年の日本シリーズもそうだし、今年の交流戦もそうだった。

交流戦、結果として2位。セリーグでは1位だが、私の弱い・・・というイメージというのは、順位ではなくて、1試合1試合のイメージ。

公式戦でのカープは、打線が爆発して投手陣が抑えての貫禄勝ちといった感じだった。だから、交流戦で、マリーンズ戦と相対する際、ボコボコにされる覚悟をしていた。

ところが、3戦中、2試合が1点差の競り合い。結局、ボコにされたのは精神軟弱ルーキー・佐々木が登板した3戦目だけ。

1勝2敗で負け越したのだが、先発の涌井、二木、佐々木が勝手にコケたイメージが強く、カープ打線の怖さを味わうことができなかった。

現在のNPB が【打高投低】のように言われるのだが、私は頭を傾げる。本当にそうなのか?

結局は、【打線は水物】この言葉に尽きるのではないか?本当にバッターが優れているのなら、どんなにピッチャーが好投していようが、打てるはずだ。

ところが、どうだろう?
👄が悪いのを先に謝っておくが、打線が爆発するのは、【ヘボピー】ピッチャー乱調時だけ。

これに関しては、セリーグパリーグも関係ない。ホークス以外の11球団に共通したことがいえる。

相手ピッチャーが不調時にしか、爆発しない打線で、自軍のピッチャーが先につかまってしまっては、勝てるはずもない。

私は、古葉監督、山本浩二、衣笠の・・・本当の意味で、強い頃のカープを知っている。だから、そう感じてしまうのだろうか。

あの時代のカープは、ホークスと一緒で、何をやっても勝てそうもなかった。

今年の野球を観ていると、セリーグならベイスターズパリーグはハム、イーグルス、ライオンズのボンボン打線が目立つ。

ボンボン打線とは、いわゆるホームラン打線のこと。ところが、かつてのカープや【常勝】【黄金時代】と言われたライオンズは違った。

確かに、破壊力抜群の打線が売りではあったが、バカの一つ覚えのようなボンボン野球ばかりではなく、投手王国と呼ばれるほど優秀なピッチャーと、バントやスクイズ、盗塁、ランエンドヒット。相手の嫌がる攻撃をするクセモノ野球をしていた。

だから、強さも感じたし、小憎たらしさも覚えた。今のカープには、その小憎たらしさがないように思う。選手たちに少々、素直すぎた物足らなさを感じてしまう。

ところで、歳月は過ぎても変わらないのは、チャンスに打てない4番だ。パリーグならハムの中田、セリーグならベイスターズ筒香。

思えばこの二人、WBC の大ブレーキ。ホークス松田のファンブルで負けたイメージが強かったが、結局・・・この問題児二人が延長で打てれば、何のことはなかったわけだから。

4番は他の打順とは違う。
もう少し、責任感を持て(ーー;)

ベイスターズの4番は、宮崎じゃないか?筒香は性格的に4番向きではない。あのジャイアンツファン時代の忌まわしい記憶が蘇る。


  第2の原辰徳に会ってしまった。




【メーカーカスタム】XXIO 10 ゼクシオ10 アイアン レッド 単品 4番/5番/AW/SW MP1000 カーボンシャフト 日本正規品

助っ人のレベル

 【パリーグCS ファイナルステージ】
10月18日(水) 18:00 ヤフオクドーム

楽 1 1 0 1 0 0 0 0 0  3
ソ 0 0 0 0 0 1 0 0 1  2

   1回戦 楽天(1勝0敗0分)


勝║塩見(1勝0敗0S)
敗║東浜(0勝1敗0S)
S║松井裕樹(0勝0敗1S)


継投
楽║塩見○ ハーマン○ 高梨◎ 福山◎
 ║松井裕樹
ソ║東浜❌ 森◎ 嘉弥真◎ 石川○ 
 ║モイネロ◎ 岩嵜○


本塁打
楽║茂木1号(1回表ソロ)
 ║アマダー1号(2回表ソロ)
 ║ウィーラー1号(4回表ソロ)
 ║今宮1号(6回裏ソロ)
 ║内川1号(9回裏ソロ)

**********************

両軍合わせた全得点がホームラン。キャッチャーの配球が悪いのか、ピッチャーの失投なのか?

ホームランが、好きな人なら大喜びだろうが、私のようにホームランより、コツコツと地道なゲーム展開を好むプロ野球ファンには、頂けないゲーム。

ただ、最終回の内川のホームランだけは違う。我がマリーンズの大地キャプテンもそうだが、チームリーダーとしての意地と、何がなんでもという勝利に対しての執着のようなものを感じた。

その後、デスパイネが打てれば、面白いゲームとなったはず。そこで、ため息の私😞💨である。相変わらずデスパは、こういう場面に働かない。マリーンズ時代もそうだった。

他のファンは、ホームランさえ打てば、それまで打てなかった何打席の不調も忘れて、「デスパ いいね」なんて、喜んでいたが、私みたいなシビアなファンは、そうはいかない。

マリーンズが、デスパと契約できなかったこと知った時、私は大喜びした。

「アンタ、それでもロッテファンなの?」と友達に突っ込まれたが、「冷静に考えて本当にデスパが必要なのか」と逆に突っ込み返した。

今年のように、打線が奮わないと、チャンスに役に立たないこの助っ人でも、猫🐱の✋も借りたい状態だったかもしれない。

振り回すだけの助っ人は、好不調の波が激しい。

デスパが今年の成績がソコソコなのも、マリーンズより、ホークスのバッターが優秀だったから、気楽な気持ちで打席に入れたというだけのこと。

キューバの大砲】という触れ込みで入ってきたわりには、こんなもんか?正直、そんな思いしかなかったマリーンズ時代のデスパ。特にCS は、まったく打たない(´~`)特に、クルーズとセットだった時は最悪だった。

私の知ってる助っ人。

クロマティ(巨人) バース(阪神)
デストラーデ(西武) ブライアント(近鉄)
ブーマー(阪急)

いつの日からか、助っ人のレベルが日本人選手並みに低下した。だから、何となく、桑田真澄が解説でマリーンズのサントスの走り打ちを「何ですか?アレ」とキレぎみになったのもわかる気がする。

因みに、80年代の最強助っ人と対決させたいと思うのは、ホークスのサファテ。カープもライオンズも何故出した?元ホークスのスタンリッジはわかるような・・・

恐らく今のNPB で一番の、最強クローザーはサファテだろう。ところで、イーグルスのクローザーの松井裕樹の今後が心配である。少々失点が多すぎる。




【外国人教育】外国人のためのFAQ(単品 第10巻 日本での仕事と生活)