Marin 好き

千葉ロッテマリーンズ・ファンブログ

監督辞任発表の日

 8月13日(日) 17:00 ZOZOマリン

西 0 1 0 0 0 1 0 0 4  6
ロ 0 0 0 0 0 3 0 0 0  3

   西武19回戦(4勝14敗1分)


勝║シュリッター(1勝2敗0S)
敗║益田(0勝4敗9S)
S║増田(1勝4敗23S)


継投
西║ファイフ、平井、武隈、シュリッター、増田
ロ║二木○、松永◎、益田❌😬👊、チェン○


本塁打
西║
ロ║

▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧


9回表のライオンズの攻撃。毎度お馴染みの益田劇場の幕が上がる。結局、5人のバッターと相対して、栗山の犠牲フライのアウトひとつしか取れず、チェンにバトンを渡す。 滅多打ち

子供の頃に観た『太陽にほえろ!』のテキサス刑事の殉職シーンを思わず思い出す。  蜂の巣

もしくは、東映ヤクザ映画の袋叩き!!

益田の炎上をここ数年で、何度観たか?
井口の記念すべき、2000本安打の日も逆転負け。田中将大が無敗のまま、メジャーへ行けたのも益田のおかげ。

楽天戦の防御率14点台のシーズンもあった。良かったのは、ルーキーの年のほんの数ヶ月。あとは、毎回こんな感じ。まるで、ピッチャー版・原辰徳

涌井には、もの凄く怒る私なのに益田には何も言う気にならない。諦めなんだろうな。怒るのはエネルギー消耗するから、シンドイ。だから、無駄な消耗を控える。

松永は悪い時もあるけど、結果を出してくれる。益田はいつも同じ。大谷や内が良ければ、この試合わざわざ益田を出さなくてもすんだはずだ。選りにも選って、伊東さんが辞任発表の日にこんな。

小宮山が「1年間ずっと悪いなんて有り得ないんですよ。必ず帳尻合わせるもんなんですよ」って言ってたけど、いつ?もう終わるよ、あともう少しで。

しかも、伊東さんも辞めちゃう。

いつかこんな日が来るとは思っていた。それでも、そんなことは考えたくないから、勝手に自分に暗示をかけていた。

「伊東さんはずっとマリーンズの監督」

でも、考えてみれば、伊東さんの性格からして、この成績でのうのうと監督に居座っていられるわけがない。

随分前から考えていたとの事ですが、途中で丸投げしないで最後までというのも伊東さんらしいです。

私としては、状況が変わって辞任撤回という流れを希望してるけど、それは多分無理ですよねぇ😥

残りの41試合は1試合、1試合大事に戦ってもらいたい。それこそ、伊東さんと過ごせる最後の時を、1試合が2時間か3時間ならその時間、1分1秒もマリーンズ選手達には無駄にしないでほしい。

私がプロ野球に夢中になってから、たくさんの監督を見てきたけれど、これほどまでに、選手に慕われていた監督はいなかったように思う。

それだけに、その監督との別れの原因を作ってしまった選手達のショックは、私達以上だと思う。

ただ、伊東監督だけの責任として全てを終わらせていいわけではない。監督が辞めるのだから、現在のコーチングスタッフも全て辞めるべきではないだろうか?

後任の監督はまだ白紙との事だが、このチームを建て直すのは容易な事ではない。

2010年の下克上日本一の後、前任の西村監督の時代からバランスを崩し始めていたこのチーム。

A クラスを狙うのは難しい戦力だった。その駒不足の中、伊東監督だからこそ、3度もCS 進出する事が出来たと言っていい。

その伊東さん以上の能力と、根気と、忍耐力と、選手に対する深い愛情を兼ね備えた人材を探すのもまた容易な事ではない。

ただ、私としては監督が誰になろうと、今まで通り千葉ロッテマリーンズの選手たちを見守り続けるつもりです。


伊東さんを1番慕っていた、大地が心配です😥






鬼になる

 8月12日(土) 17:00 ZOZOマリン

西 0 0 1 0 0 0 0 2 0  3
ロ 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0

   西武18回戦(4勝13敗1分)


勝║多和田(4勝2敗0S)
敗║涌井(3勝9敗0S)


継投
西║多和田
ロ║涌井❌田中靖洋


本塁打
西║金子侑(3回表ソロ)
ロ║秋山21号(8回表2ラン)

▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧


投手戦を制したのは、予想通り、ライオンズ。涌井先発の日はやる前から、超能力者のように脳裏に映像が浮かぶ

ソコソコに抑えるけど結局、根負け。ホームラン浴びて負けるんだろうな。ライオンズ戦には絶対に、勝てないから😌

      大当り

私って、涌井に対して意地悪だと思いますか?大多数の人は、援護がなかったから負けたと言うところを、私だけは涌井が悪いと喚く。

3回の金子の1発だけだったら、たぶん私でも「今日は頑張ってたよ」って言ってたと思います。でも同じ日に違うバッターとは言え、2本も食らってはいけません。

別に、涌井を目の敵にしてる訳じゃないんですよ。ただ、私は同じミスを何度も繰り返すのが嫌なんです。これが、若手の選手ならそこまで目くじら立てません。

   彼はエースなんです。

勝てないのをいつまでも、打線のせいにしてばかりいるのもどうだか。エースなら、この苦境のチームを救うべく完封ぐらいするべきなんですよ。それを毎試合、ホームランばかり打たれて。

彼が頑張ってないとは言わないけれど、そういったものがまったく伝わってこないんです。

ダメならダメでもいいんです。どんなにダメでも何か、必死さのようなモノが伝わってくれば文句は言わないんです。

投手と野手とでは違うでしょうが、私がどんなに悪くても、大地や清田を責めなかったのは、それなんですよ。

打てなかった時の悔しそうな顔や、今にも泣き出しそうな顔。エラーした時の申し訳なさそうな顔。何とかしよう、次は同じミスをしないようにという前向きな気持ち。

前半戦勝てなかった時、そのうち巻き返してくれると信じ、マリンにも登板日に、足を運びました。

結果はいつも同じ。前半捕まって、後半抑える。前半抑えて、後半捕まる。

打線の援護も少ないけど、あったんです。それを毎回台無しにしていたのは、誰でもない涌井自身なんです。

涌井は、3勝9敗という成績をもう少し、心から噛み締めるべきです。残り試合で何勝できるかどうかわかりませんが、最低でもあと2勝はクリアしてほしい。

できないようであれば、二木にエースの座を譲った方がいいかもしれない。

私は悔しいんですよ。ライオンズからFA した時、ライオンズファンの「涌井はもう使えない選手」という言葉が嫌で、だから彼を応援し続けてきたんです。このまま、涌井が沈んだままだったら「そら、見たことか」と笑いモノになる。

そうなってほしくないから、敢えて言うんです。私は千葉ロッテマリーンズが好きです。このユニホームに袖を通す選手は全員、応援したいし、頑張ってもらいたい。

最近のロッテファンは、監督やコーチには厳しいくせに選手に対しては、甘すぎる。また、打線には厳しいくせに投手陣には甘すぎる傾向が強い。

その甘やかしが結局、今年のような結果になっているような気がするんです。だから私は敢えて、になろうと思うのです。

優しくするばかりが愛情ではないんですよ。



送料無料!【平成28年産】新潟県産こしひかり玄米30kg*北海道・沖縄・一部離島等は別途送料650円が掛かります。 コシヒカリ/こしひかり/鬼平/新潟/お米

使い捨て

 8月11日(金) 18:00 ZOZOマリン

西 2 0 1 0 0 0 0 0 0  3
ロ 0 1 0 0 2 0 2 0 ×  5

   西武17回戦(4勝12敗1分)


勝║有吉(2勝4敗0S)
敗║武隈(4勝2敗0S)
S║益田(0勝3敗9S)


継投
西║野上、平井、武隈、牧田
ロ║酒居△、チェン◎、有吉◎、大谷◎、松永◎、益田○


本塁打
西║浅村14号(1回表2ラン)15号(3回表ソロ)
ロ║角中2号(5回裏2ラン)


ヒーローインタビュー║ペーニャ


▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧

酒居は好投したんだけど、やっぱりフォアボールかな?でも、💮あげたいなあ。来年以降の明るい光明が…

フレッシュで、二人を観たときに一目惚れしてしまった。評判はいろいろ聞いていたけれど、ファームで良くても、上で結果を出せないで消えていくのがマリーンズ選手😭

まさか二人とも無失点とは。
たしか、「益田や大谷より偉い」とか叫んだような(笑)

ピッチングもそうなんだけど、愛くるしい笑顔と、今時の青年にしてはスレてない感じが好印象。
悪く言えばどんくさそうな🙇

これはマリーンズ選手の典型的カラー

Twitterの画像見たら、成田クン…つば九郎にストーキングされてて😸

二木、酒居、成田。
若返り…良いな👐

でも、若い選手だけで1年凌げるほど、甘くないのは、ハムさんが証明してますよね。谷元みたいないい投手を放出するなんて、勿体ない

上田監督の頃から、ハムはそうでした。若手 若手 若手で、その為にベテランになりかけると、切り捨てられる。どうせなら、30歳未満限定にしたらどうだろうか?

だから、連敗癖から逃れられないのでは?いざとなれば、ベテランの力が必要なんですよ。

7月31日トレード期限ギリギリで谷元を中日に放出。その年のオールスター出場した選手のトレードは過去に前例がないとの事。

昔から、若手が好きなのと、金銭にシビアなハム。谷元は、今年6月にFA 権を取得している。恐らく、人的補償と契約金を惜しんでのトレードなのではないかと思われる。

私がプロ野球にファンになったのは、1983年。中畑清の熱いプレーに夢中になり巨人ファンからのスタート。

パ・リーグは?と言えば、西武ライオンズ黄金時代だった事もあり、強いモノが嫌いな私は、Bクラスの常連の日本ハムを応援する事に。

その当時、後楽園で熱心なファイターズファンの女性と仲良くなった。私達は白井一幸さんのファン。

ところが私は、1998年ロッテが18連敗したあたりから、ロッテファンに流れて行った。しかし、彼女は今でも貫いている。

その彼女のお気に入りは、スター選手の中田でもなく、大谷でもない地味で真面目な谷元圭介。だから、今回の金銭トレードにはかなり、衝撃を受けていた。

彼女曰く、「タニモンは、増井みたいにわがまま言わない。中田みたいに横柄じゃない。今まで不平ひとつ言わず、ドンだけ頑張ってきてくれたか」

チーム事情とは言え、ファンとしてはやりきれない。そこへ行くと我が千葉ロッテマリーンズは、選手が切られ度少ない球団。だから、毎年苦戦なのかもしれない。

何となく、人として扱ってもらえてない。モノのような扱いが哀しい。たぶん、彼女がドラゴンズファンになるのは時間の問題だろう?

他の球団なら、マリーンズのファームにいる選手も今年、結果を出せないでいる選手もトレード要因だろう。

みんな、頑張っておくれ❗
何だかんだ言っても、マリーンズの選手はみんな好きだから💕

お別れしない為にも、頑張っておくれ❗




トレードワン スチームトースター chef シェフ ST-70091-BK ブラック【送料無料】【KK9N0D18P】

うさぎとかめ

  8月10日(木) 18:30 ZOZOマリン

ソ 3 0 0 3 0 0 0 0 0  6
ロ 0 0 2 0 2 1 0 0 0  5

  ソフトバンク18回戦(4勝14敗0)


勝║東浜(12勝3敗0S)
ロ║唐川(4勝10敗0S)
S║サファテ(2勝2敗36S)


継投
ソ║東浜、森、モイネロ、サファテ
ロ║唐川❌、南◎、大谷○、松永◎、内◎


本塁打
ソ║柳田27号(1回表3ラン)
ロ║荻野2号(5回裏2ラン)

▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧

伊東さんは、選手を信用しすぎて、裏切られるというパターンが多いような気がします。

今シーズンも勝ち星がなかなか上がらないものの、途中好投したゲームもあった唐川クン。

そのせいでしょうね。勝たせてあげたい気持ちが強くなりすぎた伊東さんの親心。

その監督の期待に応えられなかった唐川クン。
好きな選手ですけど、さすがに6失点では…

普段、涌井と石川をボロックソなのに、唐川クンだけ、擁護するわけにはいきませんから(;><)

悪いは悪い…😿😿😿

デビューから10年、二桁あげたのはたった1シーズンだけ。いいものを持っているのに伸び悩み続けている。

毎年、5勝か、6勝しかできないのは、どうしてか?マリーンズを去って行った元エース成瀬も二桁の壁を越えられなかった。

唐川クンといえば、数年前まではホークスキラー。その事を思い出しつつ、期待をしていたのだが、立ち上がり捕まってしまった。

先頭バッター明石、一度もバットを振ることなくフォアボール。続く2番バッターのイマミー(今宮)、最近の若手選手の典型のような打席を披露する。送りバントを試みるもファールフライ😱で1アウト。

ここで唐川クンは、気持ちをリセットしなくてはいけなかったのに、3番松田に内野安打を打たれて1・3塁。またもや塁上にランナーを増やしてしまう。

そして柳田先制3ラン!!

ここで私が思ったことは、
「ギータに一発食らってるようでは」

ホークスファンにお叱りを受けるかもしれないが、私は常に冷静に判断するプロ野球ファンなので、勘弁して頂きたい。

これは、松田以外のホークス選手に言えることではありますが、他のチームに比べて、マリーンズ戦の打率が低い。その証拠に1点差ゲームが多い。

       何故?

それでも対戦成績が、4勝14敗0分と大きく上回っているのは、ホークスが試合巧者だからです。

その中でも、柳田には比較的打たれてなかったので、彼の打席は安心して見届けていることが多かった。

ただ…その例外。ホームランを打った時は決まって、マリーンズ投手の献上的ホームランなのです。ハム中田翔のホームランもこれ。

   
   「どうぞ打って下さい」


中田と柳田を一緒にしてはいけなかった。反省🙇

勿論、柳田が優秀な選手だということは、私にもわかっています。要は、失投を打ったんだということを言いたかったんです。現にこの日のギータは、このホームランのみ4ー1

恐らく…この失投がなければ、勝てたと断言してもいいと思います。

それほどまでに、先発ピッチャーの立ち上がりというものは重要なんです。たった一球で、天国行きと地獄行きかが決まってしまう。

もう少し、一球の重みを理解して、慎重な投球をしないと、今シーズンだけではなく負の連鎖はいつまでも続きます。

ただ、この日一番、気になったことはキャッチャーの吉田です。ピンチに内野陣が集まった時、何故か吉田だけはマウンドに行こうとしない。すまして、たたずんでる。

ピッチャーがピンチになったら、真っ先に行かなければいけない女房役のキャッチャーが知らん顔。

吉田はそんなに偉くなったの?
ここでまた、田村派に拍車がかかる私。


☆気が利かない
☆打率136
☆同じ失敗を何度もする
☆監督に平気で、顔ケーキする
☆髭面なのにイケメン5に入ってる


最後のはどうでもいいけど。Twitterロッテファンが吉田吉田って騒いでたけど、今はどうなんだろう?アホらしくて掲示板に参加しなくなったから、わからないけど。

何がいいの彼?打率136って、もはやバントしか考えられないでしょう。そのバントだって、いつも決められる保証もない。普通に打たせれば、凡打のオンパレード。

5回裏、2アウトからの荻野の2ランホームランが飛び出す。野球にタラレバ禁句だけど、三木と吉田が簡単に凡退しなければ。

キャッチャーは、リードだけやっていればいいとでも思っているんだろうか?その割にワンパターンリード。

       外  外  外

守備もポロポロ後逸。

要するに、ツキの問題でしょう?たまたま吉田がマスクの時に勝って、田村の時に負けてるっていう。

田村がスタメン外れるようになってから、打率が幾分上がった。リードも前半から比べると数段、変化。

多分、危機感がそうさせたんでしょう。
打てなくても、勝てなくても。
打席も、守備も。
一生懸命さが伝わってくる。

以前、マリーンズに田中雅彦というキャッチャーがいた。元々、里崎、橋本併用時代の3番手キャッチャー。今の江村的ポジション。

里が故障で、スタメンマスクだった頃の田中が、今の吉田のようだった。とかく人間は、何事も順調だと有頂天になりがちだ。

守備がダメなら守備を。打率が上がらないのであれば、バッティングを向上させる。何もしないでツキに身を任せていると田中の二の舞になる。

田中は目の上のタンコブ、里がいなくなってもマリーンズの正捕手になれず、『つば九郎さん(スワローズ)チーム』川本との交換トレード。

スワローズでは相川や、中村悠平の2番手だった。2013年、マートンにホームでタックルされ、鎖骨骨折して離脱。

その後は内野手やったり、キャッチャーやったり。目立った成績もあげられず昨年、戦力外通告😥

現在はBC リーグの福井ミラクルエレファンツのバッテリーコーチだそうな。

だから、ヘラヘラしてる暇なんてない。吉田、勘違いするな。まだ正捕手になったわけじゃない。

本当は、吉田と田村には、切磋琢磨して里や橋本将のように、互いに向上してもらいたかったんだけど、今の彼を見ているとそれも望めない。

田村には『うさぎとかめ』の🐰、『アリとキリギリス』の🐜になってもらおう。脚力は🐢だけど(爆)





うさぎの乳酸菌 450g スイートフレーバー (スイートフレーバー)

超絶マスコット

  8月9日(水) 18:15 ZOZOマリン

ソ 0 0 3 0 0 0 0 0 0  3
ロ 0 0 0 1 0 1 0 0 0  2

  ソフトバンク17回戦(4勝13敗0分)


勝║バンデンハーク(10勝5敗0S)
敗║スタンリッジ(3勝5敗0S)
S║サファテ(2勝2敗35S)

継投
ソ║バンデンハーク、岩嵜、サファテ
ロ║スタンリッジ△、益田◎、チェン○

本塁打
ソ║松田17号(3回表ソロ)
ロ║

▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧

スタンリッジと涌井はよく似ている。期待すると勝ってくれないし、古巣にまったく勝てない。

だけど、スタンリッジの方が貢献度は高い。

スタンリッジ、3点しか取られてないよ」
ホークスファンの友達に言われた。

で、私は…
「3点しか…じゃない。3点も…」
日本語は難しい。

試合結果、ロッテ戦記事の定番。
「追い上げを見せるが、一歩及ばなかった。」

微妙な1点、2点を取られすぎるから負けるという、毎度お馴染みのコースだ。

ゲーム前の私。「取って2点だろうから、3点取られたら負けるだろうなぁ」


        的中🎯


その的中率といったら、プロ野球解説者よりもよく当たる。何でだろう?私のネガティブな予感は、いつも大当たり。

ジョセフ・マーフィーの潜在意識の法則。
ネガティブな思考は、具現化されやすい。

だから、「私のせいなのかしら?」と思ってしまう。それが連敗となると、申し訳ないような気持ちでいっぱいに(笑)

負けた日はYouTubeの癒し系動画で、気持ちを静める。開幕当初は、にゃんこ動画。大好きなスコちゃん(スコティッシュフォールド)のオンパレード。

「可愛い💕可愛い💕」言ってる間に潮が引いてくみたいに、モヤモヤした気分もスーッ😺

で… 今ハマってるのは、『つば九郎

ご存知プロ野球マスコット界の重鎮(笑)

ヤクルトスワローズの腹黒マスコット。20年のマスコット歴。昔はそんなに可愛いとも思わなかった。ていうか、私のテンションが違う。


    「何だ、つば九郎か?」

  それが今じゃ、「つば九郎~😍」


そこで気がついたのは、成績の芳しくない球団のマスコットたちが、超絶面白いこと。

ロッテ以上に大苦戦中のヤクルトのマスコット。
つば九郎先生は桁外れに面白い。基本、喋れない。筆談だけで、あれだけの笑いを取れるのは大したものです。

お笑い芸人とつば九郎、どっちが面白いかと聞かれたら、私は間違いなく『つば九郎先生』と答える。あの可愛らしい容姿に腹黒キャラというのがいい。

浅尾が好きだった頃、中日ファンだったことがある。千葉ロッテマリーンズでも活躍してくれた牛ちゃん(牛島和彦)、ウーやん(宇野勝)、上川がいた頃は、恐竜打線と、安定感のある投手力が魅力だったのに、最近の低迷はどうしたんだろうか?

その中日のマスコットのドアラも、なかなか面白くてお気に入り。ナゴヤドームのバク転の成功率が、よく話題になるが、これは浅田真央トリプルアクセルと一緒のような気がする。


「ひねりさえ加えなければ、成功率アップ」

何せ、ドアラさんは頭が重いから(〃▽〃)


ドアラの奇妙な動きが気になる私。ダンスを踊ってるマスコットは可愛いのに、ドアラはまるで『ドラクエ』のパペットマンなのだ。


  「ドアラふしぎなおどりを踊った」


そして、そのドアラと大の仲良しだという我らがマーくん。マリーンズイベントMC のこなつとの会話(?)


 こなつ  「一番、仲がいいのは?」

 マーくん 「青い奴…」


基本バク転も出来ない、ダンスを可愛く踊ることしか出来ないマーくんだけど、そこにいてくれるだけで幸せな気分になる究極の天然癒し系キャラ。

ただ、マーくんの歴史を遡ると、もはや別物としか言えない容姿。

       
       ただの鳥


現在のまん丸オメメのマーくんを考えてくれた方、感謝です。で… 基本何も出来ないんですが、天然キャラなので時々、予想外の笑いを提供してくれます。例えば、知る人ぞ知る『マーくん殺人事件』

まだ横浜のマスコットがホッシーだった頃に、グランドを全力で走るホッシーとマーくん。突如マーくんを襲う悲劇。

    
     「首が取れた😨」


気になる方は、YouTubeで検索して下さい。
笑えます😁


腹黒のつば九郎、おとぼけのドアラ、天然のマーくん。この3人(?)を見ていると、チームの不振なんて、忘れてしまいそう。


     
        ありがとう😸




勝利の女神

 8月8日(火) 18:15 ZOZOマリン

ソ 0 0 0 0 0 2 6 0 0  8
ロ 0 1 2 5 0 3 1 5 ×  17

 ソフトバンク16回戦(4勝12敗0分)

▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧

勝║石川歩(3勝9敗0S)
敗║石川柊太(4勝3敗0S)

継投
ソ║石川、寺原、岡本、嘉弥真、森
ロ║石川❌、有吉❌、松永◎、大谷◎、南◎

本塁打
ソ║鶴岡3号(6回2表2ラン) 
 ║デスパイネ24号(7回表2ラン)
ロ║荻野1号(4回裏3ラン) 中村4号(8回裏2ラン)

ヒーローインタビュー
ロ║荻野、角中

▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧

      
      8月8日(火)

セ・リーグ
◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼
      東京ドーム
     巨人 6ー1 阪神
  勝 マイコラス 試合終了 負 岩貞
◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼
        神宮
     ヤクルト 8ー5 DeNA
   勝 山中 試合終了 負 久保
   S ルーキ
◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼
       ナゴヤドーム
     中日 1ー1 広島
       試合終了
◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼


パ・リーグ
◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼
      Kobo パーク宮城
    楽天  ー  日本ハム
       試合前中止
◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼
       ZOZOマリン
    ロッテ 17ー8 ソフトバンク
   勝 石川 試合終了 負 石川
◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼
       京セラD 大阪
     オリックス 12ー6 西武
  勝 金子千尋 試合終了 負 十亀
◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼◼


今日はナゴヤドーム以外、ピッチャーがフルボッコの日。ここ数年、ピッチャーのレベルが低下していたのは薄々感じてはいたんですが、各地でハデな花火大会が開催🎆

マリンでは5回の定番、本家の花火の方は中止でしたが、トンでもないゲームになりました。  
  
今シーズン、両リーグ合わせて最多得点の19安打17得点を記録。久々にマリンガン打線が復活?懐かしいですね、この響き。

別に復活ってわけじゃないんですよね。ホークスの投手の乱調に助けてもらっただけ。こんなことは滅多にあることじゃない。ハレー彗星見たときの心境ですよ😅

「もっと素直に、喜んであげればいいのに」自分でもそう思うんですが、冷静に分析したかる自分の感情は抑えられない。

マリーンズ時代のデスパイネや、今年の中田翔みたいに1試合打っただけで、復調してきたと勘違い。ズルズルされたら堪らない。

相手が献上してくれた、有難い贈り物なのだと戒めましょう。なので、カクのバッティングも復調ではないと思ってます。

勘違いのブラックホールは、本人も辛いし、観てる方はもっと辛い。山下アナも有藤さんも呑気に喜んでましたけど、私は騙されない😌

ももう、手遅れ。お立ち台でのカクの横柄な受け答え。先輩荻野に対しての突っ込みを見ると、完全に調子こいてる😒

気弱な荻野と、態度がデカイ角中。どっちが先輩だか🙆🙆👈🙆🙆😥

そういえば拡声器📢持たされて、We Are まで…
荻野大丈夫か?特別、ファンってわけじゃないのに、心配になる。

荻野…「典型的なマリーンズ選手のタイプ」どちらかと言えば、他の球団の選手から比べると、おとなしくて控え目なのがここの選手たちの特長。

人間性に問題が?というわけではないが、この中にいるとカクと涌井は大ボス感が半端ない。

下克上の頃の西岡のような、不快感はないものの、どう見てもあのヒーローインタビューは、ガキ大将(角中)に、カツアゲされた中学生(荻野)にしか見えない。

気弱と言えば、いつまでもフラフラ波に乗れないサーファー石川。あれだけ大量得点をもらったというのに。


   思わずこんな、エチュードが思い浮かぶ
⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾
奥さん(打者) 

「私が安い時給のパートで、頑張って稼いだお金(得点)を、あなたはいつも使い果たしてしまう。どうして、いつまでダメ亭主(投手)」


ダメ亭主(投手)

「俺だって、頑張ってるんだよ」


奥さん(打者)

「いくら稼いでも、(打っても)足りないじゃないの。いい加減に、働いたらどうなの😥」
⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾⚾


8点取った段階で、圧勝ムードだったのに、途中3点差まで追い付かれる。逆転されたわけじゃないけど、ホークス戦の3点差なんて、セーフティじゃない。私のテンション急降下😢

17点取ったことだけを考えると、圧勝のようだが、8点も取られている。そしてその8点のうち、7点を石川が取られたという魔の事実。

で、野村克也みたいなボヤキを1つ。髭面って…勝ててないのに、ロン毛、髭面。

まず石川はピッチング云々より、心構えができてない。かつて、桑田真澄はマウンドを聖地と言った。

その聖地に、ロン毛、髭面。

これでは、勝利の女神も振り向いてはくれまい。むしろ、へそを曲げられてしまう。よく、女性の神様はタチ悪いと言うじゃありませんか?

最近のマリーンズ選手は、吉田もそうだけど、髭面が増えました。昔の大洋ホエールズの髭軍団でも目指すんですかねぇ?

何のために生やしてるのかは知らないけど、私としては、あまり好ましくない。

つい最近、Huluで懐かしさのあまりに『アタックNo.1』(アニメの方)を観賞。石川の風貌にグラサンかけさせれば、猪熊大悟になる。

  「野手の方に申し訳ないです」

📢毎度お馴染みのちり紙交換でございます

これも、何度も言われると、本気でそう思ってるのかどうか?

本心でそう、思ってるんであれば

   
     髪切れ❗ 髭剃れ❗


   少しは荻野を見習いなさい❗






















 

若い力

8月6日(日) 17:00 Koboパーク宮城

ロ 0 1 0 0 0 1 0 0 1  3

楽 0 0 0 0 0 0 0 1 0  1

   楽天15回戦(4勝11敗0分)

▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧ 

 

勝║二木(5勝5敗0S)

敗║藤平(0勝2敗0S)

 

継投

ロ║二木◎😄

楽║藤平、藤原、菊池、久保

 

本塁打

ロ║

楽║

▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧

 

なかなか、5勝にたどり着けなかったマリーンズ先発投手陣。やっと二木が一番乗り。

 

フレッシュオールスターで活躍した、成田と酒居。その酒居、一軍昇格で先頃負けはしたが、好投を見せてくれた。

 

そろそろ、マリーンズ先発投手陣も若返りの時期を迎えているのかもしれない。

 

自宅が埼玉ということもあって、浦和の二軍の試合にもよく出かける。私が観に行くと、何故かいつも二木が登板で、似たような名前の三木と二木は、とても仲が良さそうに見えた。

 

縦横2種類のスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォーク、シンカーと球種も多彩で、絶妙のコントロール

 

二木、本人もセールスポイントを聞かれると、「コントロールには自信があります」と答えていたほど。しかし、昨年終盤辺りから、フォアボールで自滅することが目立ち始める。

 

そんな二木をリードするのは、今シーズンは、吉田にスタメンマスクを譲り気味の田村。

 

普段は、先輩選手の中で恐縮気味の田村が、後輩二木には強気😄

 

「こいつ、首振って、打たれるんですよ」

 

田村の不機嫌そうな顔と、その横で気まずそうな二木。若いバッテリーのこういう雰囲気は、何とも微笑ましい。そしてちょっと、先輩ぶった田村が可愛らしい。

 

 ちなみに、私の母は田村の大ファン。

リラックマのように可愛い」…らしい😸

 

 

 

リラックマ ダンシングストーン ネックレス ピンクゴールド