Marin 好き

千葉ロッテマリーンズ・ファンブログ

鳴り物入りルーキーの末路

3月30日(金) 18:00 ZOZOマリン

楽 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 1  3

ロ 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0  2

1回戦 ロッテ(0勝1敗0分) 

 

【勝】福山(1勝0敗0S)

【敗】益田(0勝1敗0S)

【S】高梨(0勝0敗1S)

 

本塁打

【楽】

【ロ】

 


f:id:v3azbwm614:20180403130835j:image

2011年ドラフト

① 藤岡貴裕

② 中後悠平

③ 鈴木大地

④ 益田直也

 

アマ球界No.1と騒がれた藤岡。マウンド度胸と球種豊富で、全てのボールで三振がとれると言われていた中後。そして、中継ぎ即戦力と…益田。

 

ただ一人、野手の大地は内野ならどこでもこなし、広角に打てるヒットメーカーとして期待…という当時の担当スカウトの弁。
f:id:v3azbwm614:20180403131330j:image

当時、投手3人はメディアに持ち上げられ過ぎていたせいか、野手の大地はかなり、地味な存在に見えた。しかし、鈴木大地というインパクト強い名前と、小柄ながらルーキーとは思えないバッティングは、私の心をとらえた。

 

今考えてみると、メディアに躍らされていた3人はすべて墜ちてしまった。藤岡はシーズンをほとんどファームで過ごし、エースNo.18を完全に消滅させてしまった。
f:id:v3azbwm614:20180403133924j:image

また、思えば益田も活躍したのは、ルーキーイヤーの前半戦だけ。今となっては火消しではなく、火付け役になっている有り様だ。

 

そして、中後に至ってはもういない。結局、現在も活躍しているのは大地ただ一人である。学生時代からキャプテンを務め、責任感の強い生真面目な大地。それがかえって良かったのだろう。

 

だから、ルーキーをあまり祭り上げてはほしくない。松坂、斎藤佑樹田中将大大谷翔平。勿論本人たちの油断や力不足もあるだろうが、私はメディアの過大な期待と甘やかしが最大の原因だと思っている。

 

いかに優秀な選手と言えど、まだ精神面は希薄な子供である。悲しいまでの錯覚で身を滅ぼしてしまった。おそらく、清宮も斎藤佑樹中田翔の道を辿るだろう。
f:id:v3azbwm614:20180403134851j:image

オープン戦の時は、プロ入り初ホームランを打った選手やら安田なりの名前を聞いたが、そのうち彼らはファームへと消えて行く。

 

ある意味、ノーマークだった藤岡(裕)と菅野。何ともノビノビしていていいじゃないか。思わず、大地のデビュー時、金森の指導で元気だったルーキーイヤーの清田を思い出す。

 

そしてまたもや、学習能力のない益田が、せっかくの大地の頑張りを不意にしてしまった。これだから私は、益田より松永の方が好きなんだ。
f:id:v3azbwm614:20180403135222j:image

益田はお調子者なところがある。それはWe  Are の時の彼を見ていればわかる。それに引き換え、松永は余計な無駄口を叩かずに黙々とやるタイプ。

 

明るいのと、ただのお調子者とは違う。その事に早く気づいてもらいたいと思う私である。

 

益田よ……いい加減に、対楽天戦の防御率を何とかしないといけないだろう。ボクサーなら、間違いなく10カウントじゃないか。男なら立ち上がって殴り返せ!!向上心を持たなければ、進歩しないぞ。

  

  もっと、悔しさを知れ!

 

 

 

プロ野球スピリッツA

プロ野球スピリッツA

 

 

 

 

溺愛

3月6日(火) 13:00 ZOZOマリン

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨 0 0 0 1 0 0 0 4 0 5
ロ 0 0 0 2 3 0 0 0 1 6

  1回戦 ロッテ(1勝0敗0分)


久々、岡田のヒットを見た感じがする。今年は昨年の汚名を返上してもらいたい。また岡田同様、Twitterロッテファンに、昨年フルボッコだった奨吾もいい感じ。まあ、奨吾の場合「守りのチョンボさえなければ」というところだが。

f:id:v3azbwm614:20180314220401j:plain

続く井上、一死1・3塁で三振。「こういうところが、いつまでも一軍半の選手なんだろうな」と、思わずノムさんのようなぼやき節。

それは平沢も同じで……


毎度思うことだが、ロッテファンはお人好し過ぎるのか、何故か平沢推し。何度裏切られても

「大河……大河……」


高校野球で騒がれ、鳴り物入りで入団。大地を脅かすなどと言われていたが、それほど飛び抜けて守備が上手いというわけでもなかった。

f:id:v3azbwm614:20180317075538j:plain

バッティングも長打力があるわけじゃない。荻野のように、足で掻き回すわけでもない。そして何より、平沢本人が自分の方向性をわかっていない。


若さだけの盲滅法なプレーでやれるほど、プロは甘くないはず。何も考えず打席に立ち、ただ振り回して凡打を繰り返す。

毎度お馴染みのちり紙交換です


だから「平沢レギュラー」を望むロッテファンをどうしても理解できないでいる。現代っ子の特徴だろうか。手取り足取り、「ああしなさい、こうしなさい」と言われないと何もできない。決して、自分で考えて行動を起こそうとしない。

f:id:v3azbwm614:20180317080437j:plain

平沢スタメン時、通常ショートの三木がファーストの守備にまわされた。そうしてあてがってもらいながらも、ショートオンリーの平沢はポロポロとタイムリーエラーの山を築く有り様である。


ファーム落ちしても2週間ほどすれば、何事もなかったような能天気な笑顔で戻って来る。そして、また同じミスを繰り返す……エンドレス。

f:id:v3azbwm614:20180321071648j:plain

このままでは、将来の大砲と期待されながらも、一軍とファームを行ったり来たりのエレベーター選手と化し、放出された大松街道まっしぐらだ。


ルーキー藤岡(裕)もショートなら、問題児・平沢より延びしろのある分、彼に期待しようか。まあ、普通に考えれば昨年の実績で三木が妥当だが最悪、サードにコンバートの大地を古巣ショートに戻す手もある。


ここまで、リスクのある選手を無理に使う意味もないだろう。平沢の守備向上、バッティングの奮起を悠長に待っていたら、何年かかるかわかりゃしない。

f:id:v3azbwm614:20180317080554j:plain

マリーンズファンは応援が熱心なことで有名だが、逆の意味でとれば選手に甘い。涌井、平沢……何度も同じことを繰り返し、明らかにヤル気の見えない選手を擁護する傾向がある。


それは、まるで盲目的恋愛のようだ。好きな相手は全力でホローする。分かりやすい例だと、昨シーズンの涌井。

「ワクワクさんの時は援護がない」


私に言わせれば、援護がまったくなかったわけじゃない。「打てない打てない」と悪態つかれていた打線が、やっとの思いのナケナシの点数を次のイニングに、あっさりフルボッコされて台無しにしてるだけだ。

f:id:v3azbwm614:20180322190821j:plain

フルボッコの後、抑えてるから好投しているイメージがあるが、自業自得である。そして平沢同様、連敗を繰り返しても平然としている。


好きだから庇ってしまうという行為は、別に悪いことではない。ただ、度が過ぎるとただの甘やかしになる。


極度の甘やかしからは何も生まれない。日本ハムを見れば明白だ。梨田から栗山ヘ、監督が変わっても若手甘やかし体制は変わらず。おまけに、働けるはずの貴重な戦力を放出してしまっている。

f:id:v3azbwm614:20180322192428j:plain

結局、それが不振の原因となっているのに、その事にまったく気がつかない。本当にその選手を思うのなら、甘やかしはやめるべきだと私は思う。


時には叩かれるのもいい。叩かれないで、「頑張れ頑張れ」じゃ、本人達に「まっ、いっか。次やれば」というお粗末な考えがもたげてしまう。いつまでも、次などないということを自覚してほしい。

お粗末

f:id:v3azbwm614:20180322192647j:plain

お粗末と言えば、今日の試合も何となくそんな感じ。打ってもピッチャーが必ず、無駄な点数を献上。競り合いというよりはピッチャーのお粗末さを否めない。


結果、プロの水に戸惑い気味の安田のサヨナラで終わった。まぁ、マリサポには嬉しい展開とはなったが、昨年の例もある。一つ一つのプレーをもっと、大切にこなしてほしい。


しかし、面白いように点が入る。昨年いなかったルーキー藤岡(裕)、菅野らの活躍。そして何より、昨年よりコーチが違う(*≧∀≦*)

史上最低

     【日本シリーズ

 11月4日(土) 18:30 ヤフオクドーム

D 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

ソ 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 1×4

  6回戦 ソフトバンク(4勝2敗0分)

 

【勝】サファテ(1勝0敗2S)

【敗】エコスパー(0勝1敗0S)

 

継投

【D】今永❌ 井納◎ 砂田◎ 

   パットン 山崎❌

 

【ソ】東浜❌ 嘉弥真◎ 石川○ 

   森○ モイネロ◎ 岩嵜○ 

   サファテ△

 

本塁打

【D】白崎1号(5回表ソロ)

【ソ】松田1号(2回表ソロ)

   内川1号(9回表ソロ)

 
f:id:v3azbwm614:20180203070705j:image

このシリーズ…… というか、

シーズン一貫して、ベイスターズ

雑な野球だけが印象に残ってしまいました。

 

ランナーが出てもバントをしない。

盗塁死後にヒット。

無駄な攻めとチャンスで打てない4番。

相手からしたら、なんとも有り難い攻撃。

 

これぞ、ボンボン打線の悲劇

 

打線に自信が有るからなんでしょうか?

後先考えずの結果オーライな野球です。

  ヘイヘイオーライ~

 

そう言えば、

シーズン中も極端な展開だった

相手投手が乱調の時なら大量得点。

ところが、一線級の投球をされると

一桁安打であっさり負けてしまう。

 

打線に破壊力あるということだけ考えると、

手強そうに思いますが、ある意味で

分かりやすいチームと言えます。

 

何となく、ハムっぽいですね。

弱いチームには容赦ないが、

基本に忠実なチームには歯が立たない。

 

基本を忠実に…

 

強力打線のイメージのホークスですが、

12球団で1番堅実な野球をするチームです。

たとえ大差でリードをしていても、

ランナーが出れば堅実なバント。

そのうち何とかなる

高を括るのは勝負事では危険なことです。

それは私達で言えば、

臨時収入を当てにしていたら期待はずれで

金欠に陥るようなもの。

 

怖い。

思い込みは危険なのです。

その点、ホークスは堅実で安心。

 

若い選手をアピールしていたラミレス監督。

若さは勢いがある時だけだということに

気づいていなかったようですね。

 

向こうっ気だけでは、勝てないということは

今永、山崎を見ていればわかります。

勝ってやる。

打ち取ってやるという気持ちが

裏目に出てしまいました。

 

交流戦、オールスター、日本シリーズ

全てパリーグが制覇しました。

一昔前に言われた

【人気のセ、実力のパ】も

今となっては、両方パリーグです。

 

このまま、パリーグに負け続けても、

セリーグの選手は悔しくないんですかね?

パリーグファンではある私が、

何でこんな気持ちになるんでしょう。

ホークスの日本一は嬉しいけれど、

ベイの内容があまりにも悪すぎました。

 

私の中では…

大した戦略も、駆け引きもない

残念なシリーズでした。

 

やる気スイッチ

      【日本シリーズ
    11月2日(木) 18:30 横浜

ソ 1 0 0 0 3 0 0 0 0  4
D 0 0 0 2 0 3 0 0 ×  5

   5回戦 DeNA (2勝3敗0 分)


勝║砂田(1勝0敗0S)
敗║モイネロ(0勝1敗0S)
S║山崎(0勝0敗1S)


継投
ソ║バンデンハーク❌ モイネロ❌ 岩嵜◎
D║石田❌ 三上◎ 砂田◎ 
 ║エスコバー○ パットン○ 
 ║山崎◎


本塁打
ソ║中村晃1号(5回表2ラン)
D║筒香1号(4回裏2ラン)


f:id:v3azbwm614:20180204071234j:plain


今年のシリーズを名付けるなら、

内弁慶シリーズ。

ホームチームが圧倒的有利です。


私が5戦通して感じたことは、

「デスパと筒香は似ている」

もちろん、ホルムも似ているが、
バッティングがクリソツ。
そして、プロ野球選手として
最大の欠点ともなりうる

「淡泊さも」


キューバやスペインの選手は、
気分にムラがあります。
そして今一つ、
スイッチの入りどころがわからない。


f:id:v3azbwm614:20180204071652j:plain


ホークスだからこそ、
デスパの淡泊さは目立たないが、
戦力が落ちるマリーンズ時代を
考えると、伊東前監督の大変さがわかる。


しかも、デスパ以上に
気分屋のクルーズとセット。
これじゃ、CS 突破できるはずもない。
そんなことを思い出すと、
伊東さんの辛抱強さには頭が下がる。


辛抱と言えば、キヨシ前監督も
筒香のスイッチの入りどころには、
かなり苦労したのではないだろうか?


確かに、
ベイスターズを代表するスター選手だし、
人間性も申し分がない。
しかし、勝負どころでのやる気スイッチ
入りにくいというのはどうなんだろう。


昔、格闘技が好きだった私のお気に入りは、
ジャンボ鶴田だった。
ジャンボもスイッチが入るのが遅い。
闘争心に火がつくまでに、時間がかかる。
とことんボコボコにされてからようやっと。
ただ、1度火がついてしまえば、
ジャンボは無敵だった。


まるで、
カンフー映画ジャッキーか、
仮面ライダーV3
結局、最終的には勝ってくれる
そんな、ジャンボが私は好きだった。

そこで問題のスイッチだが、
筒香格安SIMの高速・低速切り替えだ。
高速通信だと上限越えるから、
低速に切り替えたい。
ところが、通信環境が悪くてクルクル。
なかなか切り替わらずイライラ。
何となく、こんなイメージ。


珍しく4番らしい働きをした。
ただ何となく、
打たせてもらった感を否めない。


筒香に望むことは、例え三振をしても、
かつての松井秀喜のように、
誰もが納得するような
バッティングをしてもらいたい。


今日打てても、明日は打てない。
この打席は決められても、次は振り遅れ。
フォアボールだけの4番では、
お話にならない。
ただ、振り回すだけではなく、
もう少し頭を使った
バッティングもしてもらいたい。


松井も王さんもホームランバッターだが、
ホームランはヒットの延長と考え、
チームバッティングを心がけていた。
だからこそ、成績が残せた。


ところが、筒香
初めからホームランしか狙っていない。
あれだけ、ブルブル振り回すのを見たら、
相手ピッチャーとしては
萎縮するどころか、逆に打ち取りやすい。
ある意味で丁か半か、
ホームランか三振の両極端。
まったく怖さを感じない。


f:id:v3azbwm614:20180204072340j:plain


まぁ、それは筒香に限らず、
ベイのほとんどのバッターに、
言えることですが。


この試合のpointは、
ベイスターズ打線云々ではなく、
明石のエラーに尽きます。
短期決戦のミスは命取り。


しかも、その後の打席で名誉挽回の
逆転のチャンスが廻ってきても、
結局、何も出来ずに終わってしまった。
こういうのは、
マリーンズの試合だけかと思いきや、
王者ホークスでもあるんですなぁ。


で…… 何気に多い、明石のエラー。
今宮の爪の垢でも、煎じて呑ませたい。


ホークスのベイスターズ3立てで、
スタートしたこのシリーズ。
そのまま、
ストレートで行くのかと思いきや……


そう言えば、3連勝した工藤クンが、
「横浜で決める」とは言わず、
「福岡に戻って来ます」と言ってました。


この発言💬何となく、
オッ(○_○)!!って感じだったんですよ。
工藤の長いプロ野球人生での
第六感的なものだっんでしょう。
見事、適中🎯でした。


f:id:v3azbwm614:20180204072313j:plain


2勝3敗と意地で、
持っていったベイスターズの力が
どこまで本物なのか、
確認するにはいい展開となりました。


ただ、後のないベイと、
あと1敗負けることができるホークスでは、
精神的にも
ホークスが有利なのは変わらない。


果たして、ベイスターズ
横綱を土俵際まで追い詰め、
大金星を獲ることができるだろうか?


一矢報いたけれど

     【日本シリーズ

   11月1日(水) 18:30 横浜

ソ 0 0 0 0 0 0 0 0 0   0
D 0 0 0 0 2 0 1 3 ×  12

   4回戦 DeNA (1勝3敗0分)


勝║濱口(1勝0敗0S)
敗║和田(0勝1敗0S)


継投
ソ║和田❌ 石川◎ 五十嵐❌ 摂津❌
D║濱口◎ パットン◎ 山崎◎


本塁打
ソ║
D║宮崎2号(5回裏ソロ)
 ║高城1号(7回裏ソロ)


f:id:v3azbwm614:20180205222322j:plain


1回裏
シリーズ不振の桑原がライトへヒット。
珍しくバントのベイ。
しかし、柴田は送りバント失敗。
ここで、私の悪魔の声が囁く。


「バントできないから、しなかったのか」


3回裏
2打席連続ヒットの桑原。
盗塁失敗。

何してんの?勿体ないよ。


ホークス。
今シーズンこんな展開が結構ありました。
交流戦で、どすこいにやられた時も
こんな感じで、「またノーノーかなぁ」
こうなると、ロートル和田が
辛抱できるわけもなく。

案の定、ドッカン🎆


f:id:v3azbwm614:20180205223700j:plain


宮崎がハマスタ
花火を打ち上げる🍺🎶🍺🎶🍺
こうなると、もうプッツンの和田。
メジャーに長期旅行のピッチャーだから、
そりゃベイの餌食よ。
大好物なピッチャーと化してしまう。


しかし、大好物で打線が活発になっても、
筒香だけはご馳走を目の前にして、
🐶のおあずけ状態。
いつも、決めるのは宮崎。


f:id:v3azbwm614:20180205224055j:plain


で…… もって、ホークスの方も
相変わらず、デスパが働かない。
マリーンズ時代から、そうだった。
この時期、役に立たない。
だいたいデスパが打つのは、
ワンサイドのどうでもいい時ばかり。


口が悪くてごめんなさい🙇💦💦


デスパは基本、ヘボピーしか打てない。
それを思うと、ペーニャは
打線が沈黙の時に打ってくれる。
やっぱり、
デスパ出てってくれて良かったわい。
たぶん、こんなこという
ロッテファンは私ぐらいだろう。


8回
摂津出したあたりで、
工藤君、諦めちゃったのかなぁ(^。^;)
まぁ、ノーノーやられなかっただけ、
良かったです。
それくらい、濱口は穴がなかったもの。
ベイスターズって、投手陣いいんですよね。
だから、私は残念で仕方がないんです。


度々、繰り返される野手陣のお粗末プレー。
雑なんですよ😰
何とかなりませんか。
それさえ、なくせばベイスターズは、
黄金時代築けるチームになれるのに。
大味な野球が好きなんだよね。
ここは、選手も監督も(◎-◎;)


ところで筒香
フォアボールでしか出塁してないような。
コレも何とか、なりません?


濱口の好投で一矢報いた感じですが、
何かスッキリしないんですよね。
もっと、日本シリーズらしい
ちゃんとした野球がみたいと思った私です。


勿体ないオバケが出てきちゃう

    【日本シリーズ】 
  
  10月31日(火) 18:30 横浜

ソ 1 0 0 2 0 0 0 0 0  3
D 0 0 0 1 0 1 0 0 0  2

  3回戦 ソフトバンク(3勝0敗0分)


勝║石川(2勝0敗0S)
敗║ウィーランド(0勝1敗0S)
S║サファテ(0勝0敗2S)


継投
ソ║武田❌ 石川❌ 嘉弥真○ 森◎ 
 ║モイネロ◎ 岩嵜◎
D║ウィーランド❌ 砂田◎ エスコバー◎
 ║井納○ パットン○


本塁打
ソ║
D║ロペス1号(4回裏ソロ)


f:id:v3azbwm614:20180205225542j:plain


1回表、先頭バッター柳田。
ライトへのヒットで出塁し、
2番・今宮の初球に盗塁を決める。
そこで、今宮がナイス送りバント

デスパ三振。


そして次のバッターは、
ベイスターズ筒香とは違う
ベイスターズ選手の4番・内川。
ライトへの先制タイムリー。


その裏、桑原フォアボール。
ホークスと同様に、
桑原が盗塁を試みるがアウト。
バッター梶谷はフォアボール。
続くロペス、ファールフライ。
4番・筒香の打席で、
梶谷が盗塁を試みるも、アウト。


ホークスの初回、柳田の盗塁は納得がいく。
とにかく、相手投手を揺さぶる作戦。
そして、今宮がバントで送り、
それが内川の先制点へと結び付いた。


ところが、
その裏のベイスターズの攻撃は頂けない。
まだ初回と言え、先制された後だけに
ランナーをためたいところ。
走らなければ、
ランナー2人たまっていたのに、
何とも勿体ない攻撃。


f:id:v3azbwm614:20180205225931j:plain


しかも、
続けて梶谷も4番・筒香の打席で走る。
筒香はそんなに主砲として、
信用がないのか?
初回から雑な攻撃を見せられて、
またもやイライラ感が止まらない。


私の予想では、この試合は
ベイスターズの打線が爆発で、
勝つはずだった。
ホークス先発の中で唯一の隙が武田。
その武田から結局、1点しか取れない。


やはり、雑な攻撃が響いているのか。
立ち上がりが悪い武田を
逆に、助けてしまう展開に。


だが、最大の山場は6回。
倉本のタイムリー内野安打で
1点差に追い付き、
二死満塁一打逆転のチャンスに、
シリーズノーヒットの桑原に打席が巡る。


だいたい、ツキのないバッターに、
こういうチャンスの場面が訪れる。
野球の神は、どこまでも意地が悪い😭💦


f:id:v3azbwm614:20180205230701j:plain


シリーズ前、ラミレスが
「シリーズのキーマンは桑原」と
言っていたことを思い出した。
その時に私が感じた不安感。
そう公言してしまえば、
桑原をホークスが完全にマークしてしまう。


案の定、
私の心配した通りになってしまった。
またもや、ラミレスのボーンヘッド(ーー;)


8回表、
エスコバーに代わって井納が出てきた時、
近鉄に3連敗したジャイアンツが頭に過る。
当時の藤田監督は、マウンドへ水野を上げ、
その水野好投で流れは変わり、
3連敗の後の4連勝という
奇跡を巻き起こしたのである。


そんなことをラミレスが、
考えていたかどうかは定かではないが、
たぶん
流れを立ちきりたかったのではないか?


とは言え、
サファテ相手では、どうにもならない。

辰徳の再来、悪夢再び

    【日本シリーズ

10月29日(日) 18:30 ヤフオクドーム

D 0 0 0 0 0 3 0 0 0  3
ソ 1 0 0 0 0 0 3 0 ×  4

 2回戦 ソフトバンク(2勝0敗0分)


勝║石川(1勝0敗0S)
敗║パットン(0勝10S)
S║サファテ(0勝0敗1S)


継投
D║今永❌ 三上❌ 砂田❌ パットン❌
 ║エスコバー◎
ソ║東浜❌ 嘉弥真◎ 森◎ 石川○
 ║モイネロ◎ サファテ○


本塁打
D║梶谷1号(6回表ソロ) 
 ║宮崎1号(6回表2ラン)
ソ║



f:id:v3azbwm614:20180205233008j:plain


シーズン中もそうだった。
千賀と東浜では、どうしても東浜の方が、
何とかなりそうな気がしてた。


打てなくても、
5回は辛抱すれば何とかなる。
だから、背筋痛を抱えてる千賀よりも、
万全なはずの東浜先発の方が気楽だった。


このゲームも5回はすんなりだったが、
梶谷にライトへホームラン。
続くロペス、内野安打で出塁。


ここで私が注目したのは、4番・筒香。
ソフバンのピッチャーは、
毎度の好投が関心の嘉弥真に継投。


①外角スライダーを空振り。
②外角ストレート見送る。
③外角スライダー見送る。
④外角低め、変化球見送ってストライク。
⑤外角低めシュート見送る。
⑥外角スライダーを空振り三振。


f:id:v3azbwm614:20180205233616j:plain


筒香はいったい、何を待っていたのか?
まったく覇気のない打席。
元々、やる気みなぎるタイプではないが、
気になって仕方がない。
ここは一挙に畳み掛けるチャンスなのに。


何故、燃えないんだ


f:id:v3azbwm614:20180206131041j:plain


淡泊すぎる主砲を見て、
G 党だった頃の4番・原辰徳を思いだし、
イライラがとまらない。


それにしても、
最近のキャッチャーの配球は何だろう?
全球アウトコースって。
緩急って知ってる?
嶺井だけじゃないんか?
逃げ腰もいいところじゃないか。
それでも、打てない筒香にも呆れた。


打てない筒香の代わりに5番・宮崎が、
代わったピッチャー森から勝ち越し2ラン。
4番、宮崎の方がいいんとちゃう?


森、被弾率高い。
向こうっ気強すぎて、空回りするのか。
ホークスファンには申し訳ないが、
何となくマリーンズの益田っぽい。
ただ、宮崎のホームランだけで抑えるところは、益田とは違う。


今永が初回の1失点で、
ホークスを抑えていたのは、
やっぱりさすがですね。


f:id:v3azbwm614:20180206131434j:plain


ですが、ラミレスの継投は大失敗でした。
三上がいきなり、城所に2ベース。
代わった砂田が、柳田にタイムリー。
この回3人目のパットンも、
中村晃にタイムリーを打たれる。
せっかく逆転して、
いい流れにしつつあったのに、
またホークスに流れを押し戻してしまう。


くどいようだが、
やっぱり野球はピッチャーですな(ーー;
昔の佐々木以上の
クローザー、サファテが控えてる
ホークスに対して、
終盤に逆転されてしまうと、
いかに強力打線の
ベイスターズと言えど、どうにもならない。


CS のカープをボコボコにしてたベイスターズが、まるで別のチームに見えてしまう。コレもラミレスの甘さ。


ラミレス、
「ウチには若さがある」と豪語していたが、
逆に言えば若さだけでは脆い。
監督経験がまだまだ浅いから仕方ないが、
少し選手を信用しすぎではないか?


今年のホークスは、
それほど強くないとはいえ、
その甘さで勝てるとも思えない。
もっと、的確な状況判断をすべきだ。


何だか、
ラミレスバッシングばかりになってるが、
コレも現役時代好きだった反動か。