Marin 好き

千葉ロッテマリーンズ・ファンブログ

超絶マスコット

  8月9日(水) 18:15 ZOZOマリン

ソ 0 0 3 0 0 0 0 0 0  3
ロ 0 0 0 1 0 1 0 0 0  2

  ソフトバンク17回戦(4勝13敗0分)


勝║バンデンハーク(10勝5敗0S)
敗║スタンリッジ(3勝5敗0S)
S║サファテ(2勝2敗35S)

継投
ソ║バンデンハーク、岩嵜、サファテ
ロ║スタンリッジ△、益田◎、チェン○

本塁打
ソ║松田17号(3回表ソロ)
ロ║

▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧▧

スタンリッジと涌井はよく似ている。期待すると勝ってくれないし、古巣にまったく勝てない。

だけど、スタンリッジの方が貢献度は高い。

スタンリッジ、3点しか取られてないよ」
ホークスファンの友達に言われた。

で、私は…
「3点しか…じゃない。3点も…」
日本語は難しい。

試合結果、ロッテ戦記事の定番。
「追い上げを見せるが、一歩及ばなかった。」

微妙な1点、2点を取られすぎるから負けるという、毎度お馴染みのコースだ。

ゲーム前の私。「取って2点だろうから、3点取られたら負けるだろうなぁ」


        的中🎯


その的中率といったら、プロ野球解説者よりもよく当たる。何でだろう?私のネガティブな予感は、いつも大当たり。

ジョセフ・マーフィーの潜在意識の法則。
ネガティブな思考は、具現化されやすい。

だから、「私のせいなのかしら?」と思ってしまう。それが連敗となると、申し訳ないような気持ちでいっぱいに(笑)

負けた日はYouTubeの癒し系動画で、気持ちを静める。開幕当初は、にゃんこ動画。大好きなスコちゃん(スコティッシュフォールド)のオンパレード。

「可愛い💕可愛い💕」言ってる間に潮が引いてくみたいに、モヤモヤした気分もスーッ😺

で… 今ハマってるのは、『つば九郎

ご存知プロ野球マスコット界の重鎮(笑)

ヤクルトスワローズの腹黒マスコット。20年のマスコット歴。昔はそんなに可愛いとも思わなかった。ていうか、私のテンションが違う。


    「何だ、つば九郎か?」

  それが今じゃ、「つば九郎~😍」


そこで気がついたのは、成績の芳しくない球団のマスコットたちが、超絶面白いこと。

ロッテ以上に大苦戦中のヤクルトのマスコット。
つば九郎先生は桁外れに面白い。基本、喋れない。筆談だけで、あれだけの笑いを取れるのは大したものです。

お笑い芸人とつば九郎、どっちが面白いかと聞かれたら、私は間違いなく『つば九郎先生』と答える。あの可愛らしい容姿に腹黒キャラというのがいい。

浅尾が好きだった頃、中日ファンだったことがある。千葉ロッテマリーンズでも活躍してくれた牛ちゃん(牛島和彦)、ウーやん(宇野勝)、上川がいた頃は、恐竜打線と、安定感のある投手力が魅力だったのに、最近の低迷はどうしたんだろうか?

その中日のマスコットのドアラも、なかなか面白くてお気に入り。ナゴヤドームのバク転の成功率が、よく話題になるが、これは浅田真央トリプルアクセルと一緒のような気がする。


「ひねりさえ加えなければ、成功率アップ」

何せ、ドアラさんは頭が重いから(〃▽〃)


ドアラの奇妙な動きが気になる私。ダンスを踊ってるマスコットは可愛いのに、ドアラはまるで『ドラクエ』のパペットマンなのだ。


  「ドアラふしぎなおどりを踊った」


そして、そのドアラと大の仲良しだという我らがマーくん。マリーンズイベントMC のこなつとの会話(?)


 こなつ  「一番、仲がいいのは?」

 マーくん 「青い奴…」


基本バク転も出来ない、ダンスを可愛く踊ることしか出来ないマーくんだけど、そこにいてくれるだけで幸せな気分になる究極の天然癒し系キャラ。

ただ、マーくんの歴史を遡ると、もはや別物としか言えない容姿。

       
       ただの鳥


現在のまん丸オメメのマーくんを考えてくれた方、感謝です。で… 基本何も出来ないんですが、天然キャラなので時々、予想外の笑いを提供してくれます。例えば、知る人ぞ知る『マーくん殺人事件』

まだ横浜のマスコットがホッシーだった頃に、グランドを全力で走るホッシーとマーくん。突如マーくんを襲う悲劇。

    
     「首が取れた😨」


気になる方は、YouTubeで検索して下さい。
笑えます😁


腹黒のつば九郎、おとぼけのドアラ、天然のマーくん。この3人(?)を見ていると、チームの不振なんて、忘れてしまいそう。


     
        ありがとう😸